ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Philipsが健康促進のためにヘルスケア用スマートウォッチ「Philips Health Watch」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Philips が “4 日持ちバッテリー” と “高精度” を謳った健康管理用のスマートウォッチ「Philips Health Watch」を発売しました。価格は $249 です。Philips Health Watch は 316L ステンレススチールのボディに円型の液晶ディスプレイを搭載したアナログ腕時計スタイルのスマートウォッチ。OS は Android Waer ではなく独自仕様の模様です。対応 OS は Android 4.4.2 以上と iOS 8.x 以上です。本体には Bluetooth Smart モジュール、加速度センサー、光学式の心拍センサーが搭載されており、日々の歩数や消費カロリー、移動距離、睡眠時間・クオリティといった定番のアクティビティデータを記録できます。Philips Health Watch の特徴は一般的なスマートウォッチよりも健康管理のための機能が充実しているところです。各種データの算出にはクリニック認定のアルゴリズムが採用されているため精度は高いと言われています。また、心拍数センサーを利用して、24 時間 365 日のリアルタイムトラッキングや安静時心拍数の算定なども可能。運動の種類を識別して自動的に記録する際のデータタイプを変更します。さらに、Philips HealthSuite アプリでは取得したデータに基づく健康促進のためのアドバイスなどを提供します。Source : Philips

■関連記事
Android版「ポケモンGo」がv0.33.0にアップデート、ニックネームの変更に対応
Samsung SM-T818TタブレットがFCCの認証を取得
英Clove、Xperia E5の販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP