ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とと姉ちゃん・相楽樹 撮影合間に公園でシャボン玉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送開始から高視聴率を続けているNHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。物語は後半戦に突入し、小橋家の3姉妹がついに出版社「あなたの暮し出版」を設立し、ますます盛り上がりを見せているが、小橋家次女の鞠子を演じる相楽樹(21才)に撮影秘話を語ってもらった。

 * * *
 最初の頃は、鞠子はとと姉(高畑充希)とは対照的な子だと思って演じてきたんです。本当に勉強熱心でまじめで、周りのことをよく見ていて空気が読める。そういう部分は変わってはいないんですけど、戦争を経験したり、夢であった小説家になれなかったりという経験を経て、鞠子も変化してきたなと感じます。

 以前は自分の感情をあまりあらわにすることはなかったけれど、戦争を経て、強くなったというか…一皮むけたような感じがしました。思春期で戦争を経験し、成長したことで、たくましくなったのかなと思います。後半戦も、見どころはたくさんあります! 鞠子がいっぱい登場する週もいただきました。鞠子の人生にもいろいろな変化が訪れますので、お楽しみに!

 いつも一緒にいたわけではないのですが、鉄郎叔父さん(向井理)と、鞠子がやりとりするシーンがすごく好きなんです。物語の最初の頃は、叔父さんが家に来ると何か騒動が起きるんじゃないか…と思っていて、鞠子はちょっと冷たい感じで接したり、それを受けて叔父さんが言い返してきたり(笑い)。

 でも、叔父さんの言い分に対して、鞠子もたしかに…と納得する時もあったりする会話が印象的でした。戦時中には、叔父さんが来てくれるとすごくほっとする感覚になったんです。やっぱり、心を許せる唯一の親戚なんだな…と思いました。今振り返ってみると、叔父さんとの他愛のないやり取りのすべてが、すごく楽しかったなと思います。

 先日、昼間に(高畑)充希ちゃんと(杉咲)花と3人で空き時間が取れたんです。3人でかき氷を食べに行って、そのあと公園に行ってシャボン玉を噴いて遊びました。周囲の人にも全然、気づかれていなかったと思います(笑い)。

 3人とも自由人なので、充希ちゃんは疲れたら公園のベンチで休んでいて、私と花はシャボン玉をひたすらやったり、花を摘みに行ったりしているような感じ。洋服屋さんに行っても一緒に見て「かわいいね」みたいに言い合う感じではなくて、それぞれ自由に見て「何かあった?」「なかった」「じゃあ帰ろう」みたいな、さっぱりした感じなんです(笑い)。

撮影■三宅祐介

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
とと姉ちゃん次女鞠子役で人気の相楽樹「私は昭和顔」
超非常識男 ソバ屋に入り「この辺に美味しいソバ屋ない?」
「ヨンハ様と私は家族」と韓国の葬儀に飛び親族葬式無視の妻

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP