ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒田に加え新井も若手に慕われチームに好影響と広島OB

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年こそはいける! そう思いながらも20年以上期待を裏切られてきた広島カープファン。25年前の優勝、最強の赤ヘル軍団時代を知る、安仁屋宗八、達川光男、北別府学の3氏が、底抜けに明るく、優勝への展望を語った。

──8月上旬で早くもマジック点灯となれば、球団史上最速(過去最速は1980年8月24日)。さすがにもう優勝は間違いないですか?

安仁屋:ホントは「間違いない」と言いたい。言いたいんだが、新井(貴浩)とかが「阪神ではオールスターまで13ゲーム差あったのをひっくり返されたこともあって……」なんて言ったり、調子のいい選手が自分から色んな悪い例を引き合いに出してくるから、見てるこっちもなんだか不安になってくる(苦笑)。

北別府:達川さんやボクらは、何度も優勝した経験がある(リーグ制覇5回)。その感覚でいえば「100%確実」なんですよ。ただね、ボクたちが引退した後、三村(敏之)監督時代の1996年に11.5ゲーム差を巨人に逆転されたでしょ。あの“メークドラマ”のイメージがあるから、「もう大丈夫」とは言いづらいですね。

達川:まぁ他の5球団を見ても、ひっくり返す材料はないわね。苦い経験のある緒方(孝市)監督と新井じゃから「何があるか分からんぞ」と、若い選手を引き締めとるんでしょう!

──その新井は今年39歳にして“大化け”。絶好調です。

達川:自ら阪神に自由契約を申し出て、覚悟を決めてカープに戻ったのが大きい。そら、広島ファンはぶち応援しますよ。新井の練習に取り組む姿勢は素晴らしい。なにしろ入団した当時は無茶苦茶ヘタでしたから。

安仁屋:確かに守備はド下手だった(笑い)。ただ、物凄く練習したよね。

達川:必死に努力するから、みんなから可愛がられるんです。前田智徳が打撃センスの塊だったとすれば、新井は全くノー・センス。ギャグセンスならあるんかもしれんけどね。あと、当時で言えば江藤(智)も。変化球はダメで、真っ直ぐしか打てなかった(笑い)。

安仁屋:カープの選手はよう練習するから伸びるということやね。昔からそう。

──ベテランでいえば黒田(博樹)の存在も大きい。

北別府:いやね、黒田がメジャーに行った時、“何年で故障して帰ってくるんだろう”と心配していた。それぐらい、日本の投手はみんな故障して帰ってくるから。それでもローテーションを守り続けるのは凄い。

安仁屋:優勝には、黒田のような精神的な支柱が必要なんですよ。復帰1年目の昨年は黒田も新井も周りに気を遣っていたけど、2年目の今年は率先してチームを引っ張っている。(日米通算)200勝と2000本安打という個人記録もあった。性格なのか、新井はスッと達成したけど(笑い)、黒田は2試合足踏みしたね。

北別府:相当プレッシャーがあったでしょうね。黒田の後にリリーフに立つ選手は、“もう1点もやれない”とか、とんでもない緊張感になる。そういう意味では、チームの勢いがあったのがよかったですね。黒田も新井も若手に慕われていて、チームにいい影響を与えていますよ。

●あにや・そうはち/1944年、沖縄県生まれ。1964年に広島入団。広島に在籍した13年間で90勝をあげている。巨人戦に強く(通算34勝)、「巨人キラー」と呼ばれる。引退後は広島の一軍・二軍投手コーチ、二軍監督を歴任し、今年は春季キャンプで臨時投手コーチを務めた。

●たつかわ・みつお/1955年、広島県生まれ。1978年に広島入団。広島黄金時代の正捕手として活躍した。野村克也氏らが得意とした「ささやき戦術(打者にささやきかけ、集中力をそぐ戦術)」の使い手として有名。引退後は広島二軍監督を経て一軍監督を2年務めた。

●きたべっぷ・まなぶ/1957年、鹿児島県生まれ。1976年に広島入団。優れた制球力を武器に広島で213勝をあげる。最多勝2回、最優秀防御率1回のタイトルに輝き、沢村賞を2回受賞。コントロールのよさから「精密機械」と呼ばれた。引退後は広島の一軍投手コーチを務めた。

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
黒田復帰の広島 地元企業株上昇でクロダノミクスと呼ばれる
北別府学氏「新井貴浩復帰など得点力アップ」と広島優勝予測
日本球界復帰の黒田博樹 パ・リーグでコーチする意外な師匠

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP