体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏、まだ海外で働くチャンスあり!8/9から海外インターンの個別説明会を開催

この夏、まだ海外で働くチャンスあり!8/9から海外インターンの個別説明会を開催

海外で働く経験を体感できる、近年人気急上昇中の海外インターンシップ。

ただ、

「そもそも海外インターンシップって何がいいのか?」
「どんなプログラムに参加でき、どんな企業があるのか?」
「具体的に海外、現地に行って何をするのか?」

などなど分からないことがたくさんありますよね。

そこで今回はTABIPPOと海外インターンの専門家であるタイガーモブがコラボして、海外インターンに関する様々な情報を得られ相談ができる、少人数の個別説明会を開催することが決定しました!

・海外インターンに行きたい
・将来的に海外で働きたい
・何か海外でぶっとんだ経験をしてみたい
・留学やボランティアではなく、キャリア経験を積みたい
・とにかくやる気だけはあるので何かやり遂げたい

そんな方はぜひお気軽にTABIPPOオフィスにお越しください。

 

TABIPPO×タイモブ海外インターンシップの特徴

スクリーンショット-2016-04-10-13.29.43-680x437 (1)

開始時期・期間自由、英語力・スキル不問!

企業によって受け入れ条件は異なりますが、基本的に自分のスケジュールに合わせて自分だけの海外インターンシップ計画を作成することができます。

また、大部分の企業が語学力・スキルより、インターンシップに取り組む姿勢・やる気を重視しています。

 

急成長中の新興国を中心に企業をご紹介!

海外インターンシップというと、欧米でのインターンシップがイメージされますが、タイモブでは伸びているマーケットに身をおいてほしいという想いをもとにアジア新興国を中心にアフリカや南米等のインターンシップを提供しています。

海外というアウェイな環境で、語学やスキルの壁にぶつかりながらトライアンドエラーで実績を積む経験。

エネルギーに溢れた新興国でバリバリ働いてみたいという方にはうってつけです。

 

旅もできてインターンもできる!

例えば、インド爆速成長プログラムなどを筆頭に多くのインターンプログラムが現地集合、現地解散のため、その前後の期間でバックパッカーとして様々な場所を旅することができます。
(現在もバックパッカーをしながらケニアインターンシップに向かっている参加者の方がいるそうな。)

「長期間海外に行きたいけど、旅もしたいし、海外インターンも両方できたら最高だなあ。」そんな欲張りなあなたにおすすめです。

 

海外インターンの専門家による個別説明会

shutterstock_296302733

photo by shutterstock

今回の「TABIPPO×タイガーモブ」の海外インターンシップ説明会では、これまで600人以上の方のカウンセリングを行ってきた海外インターンの専門家お出向けします!

そもそもの海外インターンの概要説明からその魅力、そして実際にどんな受け入れ先企業があり、そこでどんな仕事ができるのかについて直接お話しします。

 

また、定員5名の少人数の説明会ですので、、参加者ひとりひとりの不安と疑問に一緒に向き合います。疑問・不安を解消する場としてご活用ください。

さらに説明会終了後もご希望に応じて個別相談もでき、一人ひとりのご要望に対して最も適切なインターンシップをご提案させていただきます。

2016-07-04-23.00.15
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。