体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職場の人間関係を良好に! 上手に人を「ほめる」8つのコツ

皆さん、一緒に働く人々と良好な関係を築けていますか。

「優秀な人なんだけど、自分とは何となく距離感があり、頼みごとや相談が気軽にしづらい…」なんて人が周囲にいるかもしれません。自分の仕事に力を貸してほしい、もっと信頼して任せてほしい、チーム力を高めて成果を出したい――などと考えているなら、こちらから一歩距離を縮める働きかけをしてみてはいかがでしょうか。

その有効な手段の一つが「うまく相手をほめる」ことです。ほめ方の伝道師・プロコーチの谷口祥子氏によると、人を「ほめる」ことは、さまざまな効果をもたらすそうです。相手に心を開いてもらえる、相手から好意をもってもらえる、相手のモチベーションが上がる、相手の才能を引き出すことができる、職場やグループが明るくなる…など。

しかし、いざ人をほめようとしても、「どう声をかけていいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで、相手をうまくほめるコツ、「ほめ」の効果をより高めるコツを谷口さんに教えていただきました。

f:id:tany_tanimoto:20160805153030j:plain

具体的にほめる

「最近の活躍ぶりはすごいですね」「さすがですね」

――多くの人はこうしたシンプルなほめ方をしているかもしれません。もちろん相手に好印象を与えることはできますが、漠然としすぎていて心に響かない可能性があります。相手との心の距離を縮め、強い信頼関係をつくりたいなら、なるべく具体的なほめ言葉を使いましょう。

「あの会社から大型受注できたなんてすごいね」

「あのプレゼン資料、説得力があってよかったよ」

そうすると、相手は「自分のことをちゃんと見てくれているんだ」と実感するでしょう。自分の働きぶりを見て評価してくれる人がいれば自信になり、その人からの依頼なら快く引き受ける気持ちになるもの。あなたにも積極的に協力してくれるようになるかもしれません。

質問スタイルでほめる

「どうしたらあなたみたいに◯◯がうまくできるようになるの?」

「質問」というスタイルをとりながら、相手の優れた点を評価していることを伝える方法です。人は質問されると答えたくなる習性があります。ストレートにほめると「イヤイヤ」と謙遜されてしまい、会話が深まらない可能性がありますが、この方法であれば対話が活発化します。そして相手から情報を引き出すことができ、勉強させてもらうこともできるのです。

「憧れています」とほめる

「私、○○さんのファンなんです!」

シンプルながら絶大な効果を発揮するほめ言葉です。

「ファン宣言」は、能力や行動といった部分的な要素ではなく、その人の存在すべてを愛するという高次元なほめ方。部下から上司へ、後輩から先輩へ、他部署の人へ、取引先の担当者へ…などさまざまな場面で使えます。あれこれと細かいところをほめるよりも、はるかに簡単で、相手から受け入れてもらいやすい方法なので、距離を縮めたい人、信頼関係を作りたい人に伝えてみてください。

第三者へ紹介しながらほめる

面と向かって人をほめるのは苦手…という人は、その人を誰かに紹介しながら間接的にほめる方法があります。

「彼は私がこれまで出会った誰よりも丁寧に仕事をする人間なので、安心して任せられるんです」

「彼女はピンチをチャンスに変える行動力があるので、どんな困難にあってもめげないんです」

これは「ティーアップ」と呼ばれるもの。ゴルフボールをティーに乗せるように、相手を少し持ち上げて紹介するという方法です。持ち上げられたAさんがあなたに好感を持つのはもちろん、紹介を受けたBさんがAさんに丁重に接してくれる効果が期待できます。取引先との商談や打合せに他のメンバーを同席させるシーンなどで活用してみてください。

大勢の前でほめる

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。