ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】千円しか出せないけど中トロが食べたいと夢みた結果…… @『まぐろ亭』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

秋葉原に編集部のあるガジェット通信は、ある意味“食糧事情”に関しては恵まれていると思われます。周辺には多くのラーメン屋さんやガッツリ肉の店、さらにカレー屋さんやケバブ系まで揃えています。

しかし!

言う必要はないんだけれども言ってみたいので、あえて言おう!

「ワシは魚が食べたいんじゃ!!!」

筆者(YELLOW)的には“冷やしラーメン特集”とかメガヒットすると思ったのですが、さして世間的には響いてないようなので(編集部注・ニッチすぎます!)、だったら好きなの食べたらいいじゃないって話ですよ、お客さん。

秋葉原のデカ盛り海鮮丼と言えば『まぐろ亭』ですかね?

というわけで、秋葉原で海鮮丼的な何かを欲した場合、まず一番最初に思い浮かぶのは『まぐろ亭』ではないでしょうか?

その盛りっぷりから一世を風靡した『まぐろ亭』は、秋葉原でナンバーワンの知名度です。

しかし!

マグロの値段が年々高くなって来ているので、超インパクトのある

『超はみ出し丼』(中トロ丼の超大盛り)

は普通に2000円になっていました……。これは筆者の予算枠を大幅に超えているので諦めるしかありません。

なので身分相応かと思われる『中とろ丼』(1000円)にしてみました。基本、筆者の記事は予算が厳しいので1000円以上のメニューは滅多に出ないと覚悟して下さい。

『中トロ丼』(はみだし丼)を食す!

整いました。

……整ってますかね?

ん~……。

確かにハミ出ていると言えばハミ出ていますが、なんかこうイメージと違うような違わないようなモヤモヤ感は否めません。

しかし!

これが現実なので受け止めるまでで御座います。

マグロと言えばマグロだが……

お値段的に“本マグロ”でない事は予想していましたが、改めて肉眼で確認すると何故だか悲しくなってしまうお年頃な筆者です。

まあ、確かに中トロと言い切られたら中トロな可能性も否めませんが、どうもスッキリしないのは筆者だけでしょうか?

味はそこそこイケてる予感

とは言え、とりあえず食べてみると“マグロ”とか“中トロ”と言うキーワードを頭から消し去れば、十分に美味しい丼かと思われます。

いつもラーメンとかカレーとかカツ丼ばかりなので、この手の生魚系メニューは気持ちが昂ぶりますね。

しかし!

ちょっと前まで夢見てた筆者の中の『中トロ丼』と、現実の『中トロ丼』とのギャップを埋めきる事が出来ずに終了で御座います。

お疲れ様でした。

『まぐろ亭』 総評

もっと頑張って盛り上げようと努力はしてみたのですが、もはや持ち上げる要素は少ないので試合終了で御座います。

まあ、マグロは高いんで筆者ごとき貧民層が食べようと思った時点で、こうなる事は予想していたのですが、やはり予想通りの結果となりました。

よしんば、筆者が2000円出したらビジュアル的に、もう一段階上がる可能性はゼロではありませんが、1000円の『中トロ丼』で満足出来なかったのに、2000円の『超はみ出し丼』に踏み込めるのかって話で御座います。

いや、ここは“中トロ”というキーワードを忘れて、庶民らしく『漬けまぐろ丼』(800円)で小さくまとまっておけば平和だったのかもですね。

というわけで、筆者レベルの中途半端な輩には、ちょっと『まぐろ亭』のポテンシャルを存分に発揮出来なかったのですが、他にも色々な丼が揃っているので、是非みなさんも『まぐろ亭』で美味しい食事を楽しんでみて下さい。

『まぐろ亭』

住所:東京都千代田区外神田2-1-16

営業時間 11:00~15:00 17:00~23:00
土曜日  11:00~21:00
日曜日  11:00~17:00

定休日:不定休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP