ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディープに楽しむ。ダシが奥の奥までしっかりと染み込んでいる夏おでん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

湯島で数人で飲むことになりまして、小道でひっそり、でも知ってる人が軽く飲むのにちょくちょく来てる、といった雰囲気のディープなおでん体験。「きたろう」というお店です。

お店の入口には「獺祭」の文字。相変わらずの大人気獺祭、飲めるお店はどんどん増えてきましたね。獺祭は日本酒が有名ですが焼酎もあるんですよね。このお店にはありました!

「獺祭の焼酎・ロック」を注文。

香りが日本酒寄りで独特の深みある味わい。甘みも結構感じます。ちびりちびりと獺祭焼酎をのみつつ、いくつかおつまみを注文。

鱧の湯引きやお刺身盛り合わせ。おでんは本当においしかった!

白滝が地味にウマイ。牛筋のとろとろ感もウマイ。ダシが奥の奥までしっかりとしみこんでいて、噛んでも噛んでもダシの味がしっかりする。かといって濃すぎない絶妙な味わいに、おでんがウリなだけあるなぁと思う。

夏におでんはなぁ、と一瞬思ったのですが冷房もしっかりきいてるし、バテ気味な暑い日は塩分も必要だし、夏のおでんも良いものです。

少しお酒の設定金額は高めな印象がありますが、レアなものや話題のものを取り揃えている努力は感じます。客層は年齢層高めで落ち着いた雰囲気。ゆっくりできるアットホーム感がホッとします。カウンターでちょいとひとり飲み、なんていうのも面白そう。

[寄稿者:まちむすめ]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/machimusume/

■関連記事
【湯島】肉押しイタリアン「カルネリーナ」でお肉とワイン三昧!

http://tabizine.jp/2015/05/03/36274/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP