ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の目覚めはサンバのリズムが陽気なラテン音楽で!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」。夏休みの別所哲也に代わり、今週はDJ TARO/平井理央のツイン・ナビゲートでお届けしています。

「MORNING CLASSIC」の今週のテーマは「ブラジル」。8月8日(月)のオンエアで、クラシックソムリエ協会理事の田中泰さんがセレクトしたのは、ミヨーの「スカラムーシュ」から「ブラジレイラ(ブラジルの女)」でした!

「フランスの作曲家、ミヨーが外交秘書官として赴任したブラジルの思い出を音楽で表現した作品です。エキゾチックな雰囲気にいたく感激したミヨーは、『スカラムーシュ』のほかに『ブラジルの郷愁』というピアノ曲も作っています。サンバのリズムが相当気に入ったようですね」

ファブリス・モレッティのサクソフォン、ポール・メイエが指揮し、リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、管弦楽バージョンの「ブラジレイラ」に耳を傾けたDJ TAROと平井も「軽やかですね〜」と聴き入っていました。

今週は他にどのようなブラジルのクラシックが紹介されるのでしょうか。「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」内のワンコーナー「MORNING CLASSIC」は朝8時5分頃からのオンエアです。次回もお楽しみに♪

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP