ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、モバイルデバイス向けOLEDパネルで99%の世界シェアを誇る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung のモバイルデバイス向け OLED パネルの 2016 年 Q2 における出荷台数が四半期ベースで過去最高となる 9,838 万個に達したと、IHS Technology が発表しました。Samsung の出荷台数は、前の年の同四半期がが 5,200 万個だったので、成長率は 81.5% 増となります。前の年と比較すると急増していますが、2015 年 Q3 から大幅に増加しており、前の四半期は 8,860 万個に達しています。同社はまた、LCD を含むスマートフォン向けディスプレイ全体の中で、OLED パネルが年間で占める割合は少なくとも 25% に達するとの予測を示しました。Samsung がモバイルデバイス向けの OLED パネルで世界のトップシェアを誇っていることは周知の事実ですが、同社によると、そのシェアは今では 99% にもなるそうです。Source : IHS Technology

■関連記事
I-O DATA、Galaxy S7 edgeの急速充電に対応した純正ワイヤレス充電器「EP-NG930TWJGJP」を8月10日に発売
SunShine 3.4がリリース、HTC 10のTemprootが可能に、S-OFF時のワイプ処理がなくなる
NTTドコモ、AQUOS ZETA SH-03GのAndroid 6.0アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP