ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カルテも今やITの時代へ。「電子カルテ」の実態に迫ってみよう。

  • ガジェット通信を≫


最近はいろんなデータが電子化されています。医療機関でも同様で、処方箋やカルテも電子情報として処理されるようになってきました。

この電子カルテには、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?今回は電子カルテについて、医師に詳しく聞きました。

電子カルテとはなんですか?

一昔前は、医療機関ではカルテも処方箋も手書きでした。

そのうち、処方箋や検査オーダーなど、会計に関するものがコンピューター入力となり、処方ミスや検査項目ミスなどが格段に減るとともに、会計までの時間も大幅に短縮されました。

そして今では電子カルテも、大病院を中心に広まりつつあります。電子カルテは、診療録であるカルテをパソコン入力にし、内容を電子情報としてデータベースに記録するものです。

電子カルテのメリットは?

患者にとっては、多くの待ち時間が短縮される、自分のデータが正確に残される安心感がある、などの大きなメリットがあります。

医師にとってのメリット

・字が汚くて読めないということがなくなる

・過去の結果を容易に参照できる

・紹介状や診断書などを以前の書類のコピーで、一から作るより格段に簡単になる

・専門医申請や学会発表の際などに、必要なデータなどが抽出しやすくなる

病院事務にとってのメリット

・保管スペースがとられなくて済む(保存義務:5年)

・データセンターにデータを預れば、災害で損なわれるリスクが減る

電子カルテのデメリットは?

電子カルテのデメリット

・SEを雇ったり、電子カルテのソフト代などの経費がかかる

・移行期に紙と電子カルテで煩雑になる

・パソコン操作に慣れる必要がある

・停電時やソフト更新時に一時的にカルテが見られなくなる可能性

電子カルテの将来性について教えてください。

現在、電子カルテのデータの共通化がすすめられています。

これにより、例えば保険証やマイナンバーカードなどに自分の診療データを保存しておく事が出来ます。

別のクリニックや歯科にかかったときにも以前のクリニックの処方内容や検査内容、診療録などがある程度分かるようにすることなどが検討されています。

また、今後はマスデータ解析方法を用いて、地域別の疾病構造などを解析し、保健所の活動や住民健診に生かせるという可能性もあります。

最後に医師からアドバイス

電子カルテに不慣れな医師は、画面ばかり見ているという印象があるかもしれません。画面やパソコンに時間がとられていたら「電子カルテにまだ慣れていないんだな」と考えてみてください。

電子カルテは慣れれば、紙に書くよりも早く、正確に入力することができます。

導入によって、待ち時間が減るのは、患者さんにとっても何より嬉しいことですよね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

鏡をみると白い髪の毛がぴょこっと…「白髪」のメカニズムと予防方法を教えて!
将来医療業界で働きたいなら覚えておきたい。「医療従事者」と「コ・メディカル」の違いを教えて!
あなたに必要な色は何色? 色彩の力で健やかな睡眠を手に入れよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP