ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血液のお掃除屋さん「レシチン」で細胞をパワーアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんレシチンという栄養素を聞いた事がありますか?レシチンとはリンの脂質の一種で、体内のあらゆる細胞に含まれています。私たちの脳や神経組織にも非常に多く含まれており、このレシチンは人間の生体膜の主要な構成成分なのです。実はこのレシチンは女性に嬉しい美容・ダイエットにも期待されていると注目されているのです。

レシチンとはどんな成分なの?

レシチンは脂質の一種で、自然界のすべての動植物の細胞内に存在しており、人間の身体を構成している約60兆個の細胞膜の主要構成成分であり、主に卵黄や大豆に含まれています。卵黄レシチンにはコリンが多く含まれ、大豆レシチンにはイノシトールが多く含まれています。大豆レシチンは血液中に長く滞在する事が出来る特徴を持つため、動脈硬化や、脳卒中の予防や、コレステロール値の減少、ダイエットに優れています。卵黄レシチンは脳機能改善の作用に効果があります。

ダイエットが期待できる

レシチンは脂と馴染む「界面活性剤」のような働きがあります。そのため細胞内に溜まった老廃物のなかでも悪玉コレステロールを取除き、中性脂肪を減らす役目があるのでダイエットには欠かせない成分なのです。特に大豆由来の大豆レシチンは血液のお掃除屋さんとも呼ばれます。

記憶力回復にも効果的!

レシチンは神経伝達物質のアセチルコリンを作る際にも必要とされている成分です。アセチルコリンがきちんと作られることで精神が安定し、集中力や記憶力のアップや、学習効果の向上にもつながるため、育ち盛りのお子さんにも高齢者の方にもおすすめです。

レシチンが不足すると?

免疫力が低下する、不眠になりやすい、動脈硬化・糖尿病・高血圧といった生活習慣病のリスクが高まる、
記憶力の低下が起こるといった問題が生じます。

細胞そのものを元気にしてくれるレシチン。サプリメントからの摂取も可能です。

writer:ベターマルシェ&サプリ編集部

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP