体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIV、10月開催の日比谷野外大音楽堂公演をもって解散を発表

DIV、10月開催の日比谷野外大音楽堂公演をもって解散を発表

DIVが、ちょび(Ba.)、satoshi(Dr.)の脱退に伴い、10月10日に開催される「DIV ONEMAN LIVE 2016『DIVE!!!』at日比谷野外大音楽堂公演」をもって解散することを、本日オフィシャルサイトで発表した。

DIVは、2012年4月に“ROCKとデジタルの相乗サウンド”を追求していくというコンセプトで活動開始。2013年、5月6日に開催された初のワンマンライヴは3分でチケットが即日完売し、2ndワンマンライヴも60秒で即日完売。

1stアルバム「ZERO ONE」が、オリコンインディーズアルバム週間ランキング1位を獲得するなどヴィジュアル系のシーンを中心に人気を集め、最近も全国ツアーを行うなど精力的に活動している中での発表となった。

オフィシャルサイトでは「この先のそれぞれの成長をメンバー・スタッフともに何度も話し合った結果、それぞれが新しい道で活動を続けていくことを選択しました」と所属事務所からの説明と共に、メンバーもそれぞれコメントを発表。

ヴォーカルのCHISAは「残されたLIVE 1本1本が誰かにとって何か尊いものの始まりでありますように、精一杯声を枯らします。」と今後の想いを語ると「4年半の僕たちの物語にいつも寄り添っていてくれてありがとう。僕のストーリーはみんななしでは語れないストーリーになりました。」など、メンバーそれぞれファンに感謝の気持ちを述べている。

DIVからの大切なお知らせ
DIVを応援してくださっている皆様へ、大切なお知らせがございます。

この度、DIVは、ちょび(Ba.)、satoshi(Dr.)の脱退に伴い2016年10月10日に開催されるDIV ONEMAN LIVE 2016 「DIVE!!!」 at 日比谷野外大音楽堂公演をもって解散することとなりました。

2012年4月から活動してまいりましたDIVですが、この先のそれぞれの成長をメンバー・スタッフともに何度も話し合った結果、それぞれが新しい道で活動を続けていくことを選択いたしました。

応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様には、突然のお知らせとなりましたことを深くお詫び申し上げます。

また、これまでDIVの活動を支えて頂きました事に心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

2016年10月10日に開催されるDIV ONEMAN LIVE 2016 「DIVE!!!」 at 日比谷野外大音楽堂公演が、メンバー4人としての最後のステージとなりますが、今後のメンバーにつきましても、変わらぬ応援とご支援の程、何卒宜しくお願い致します。

<メンバーコメント>
CHISA(Vo)コメント
どう在るべきか求めたり、求められたりする程に人としてではなく、アーティストとして修復不可能な溝が出来てしまったのは事実だと思います。

残された2人でDIVとして延命することも考えましたが、この4人を越えるDIVのイメージはつかなくて、1人1人を尊重してこのような結論に至りました。

「始まり」と「終わり」は表裏一体、何かが始まるということは、同時に終わりへのカウントダウンが始まるということでもある。

でも終わりからは必ず何か新しいことが始まる。残されたLIVE1本1本が誰かにとって何か尊いものの始まりでありますように、精一杯声を枯らします。

4年半の僕たちの物語にいつも寄り添っていてくれてありがとう。僕のストーリーはみんななしでは語れないストーリーになりました。

将吾(G)コメント
まずは、突然の発表になり、驚かせてしまって申し訳ありませんでした。

おれの意思だけではこれ以上DIVを続けていくことができなくなってしまい、非常に残念です。だけど、現時点で決まっているLIVEやイベントはDIVとして全力で挑みます。

DIVの将吾として皆さんとお会いできるのは野音が最後になります。4年半という短い時間の中ではありますが、自分の時間を使ってくれて、曲を聴いたり、何度も会いに来てくれたり、ファンの皆さんには感謝しかありません。

本当にありがとうございました。悲しいのは苦手なので、おれの4年半を次ツアー、そして野音に全てぶつけようと思います。最後までアツい夜にしましょう!

ちょび(B)コメント
DIVが始動してから4年以上が経って、たくさんの出来事がありました。

出会いや別れや嬉しいこと悲しいこと驚いたこと、そんな時間をファンとメンバーと携わって頂いたスタッフのみんなと過ごせたこの思い出に感謝しています。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。