ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニューオーリンズ・ジャズの伝説的クラリネット奏者、ピート・ファウンテンが死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニューオーリンズのレジェンド・クラリネット奏者、ピート・ファウンテン(Pete Fountain)が亡くなった。86歳だった。ファウンテンはニューオーリンズ・ジャズのトラディショナル・アンセムとも称されるようになった「Just a Closer Walk With Thee」での名演で知られる人物だ。

 義理の息子でマネージャーを務めるベニー・ハレルによると、ファウンテンは8月6日の朝に心不全で亡くなったとのこと。ニューオーリンズにあるホスピスケア施設にいたという。

 ローレンス・ウェルクやジョニー・カーソンの番組出演により、アメリカのテレビ視聴者にもよく知られていたファウンテン。その音楽スタイルは、ベニー・グッドマンやアーヴィング・ファゾーラに影響を受けるものだった。

 グッドマンのレコードを聴いて育ったファウンテンだが、ニューオーリンズのフレンチ・クオーター地区で演奏していたファゾーラのプレイを直接聴くことができた。スウィングとアメリカ南部が融合したファウンテン独特のスタイルはこのためだった。

関連記事リンク(外部サイト)

これぞ新感覚ジャズ!ブルックリン発の異色ストリートジャズ・トリオによる最新作が完成
ノラ・ジョーンズ、ジャズとピアノに回帰した最新作が完成&9月に来日ショーケース・ライブ決定
最も売れたジャズ・アルバム『ワルツ・フォー・デビイ』、初のクリスタル・ディスクが20万円で発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP