ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女系天皇賛成・反対両派の言い分と将来の見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月中旬に報じられた天皇陛下「生前退位のご意向」により、改めて注目された皇室典範の改正問題。同法を巡っては、この10年ほど議論が進まず先送りされたままのテーマがもうひとつある。「今後の皇位継承で女系を容認するかどうか」だ。

 皇室典範の第一条には「【資格】皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と書かれている。その「皇統の存続」が危ぶまれて久しい。國學院大學名誉教授・大原康男氏が12年前の議論を振り返る。

「2004年末、当時の小泉純一郎首相が私的諮問機関『皇室典範に関する有識者会議』を設けた際、私も参加しました。主たるテーマは、女性天皇の導入や女系の皇族への皇位継承資格の拡大についてでした」

 当時は皇太子家と秋篠宮家に男子がおらず、やがて皇位継承者がいなくなるという危機感があった。そこで小泉政権は1年余りの検討を経て06年、通常国会での皇室典範改正を目指したが、同年2月、秋篠宮妃のご懐妊報道により、改正論議が中断。悠仁親王の誕生により、議論は白紙に戻された。

 しかし、それで皇統存続の危機が去ったわけではない。悠仁親王の後、皇室典範の定める通りに「男系男子」が続くかどうかは未知数だ。そのため、識者の間でも「女性天皇」「女系」を認めるべきだとする意見が根強くあり、「男系維持」を主張する側と割れている。京都産業大学名誉教授の所功氏が語る。

「この10年余り繰り返されてきた、男系か女系かという分け方が誤解を生じさせ対立を増幅させてきた側面があります。大事なことは、古代以来の皇統が続くかどうか。その皇統には男系もあれば女系もある。男系女系という分け方は明治22年(1889)制定の旧皇室典範により出現したもので、それ以来『男系男子』という言葉が一人歩きをしている。皇統は男系で続いてきたが、男帝だけでなく女帝も8名おられたことをふまえて議論すべきです」

 前出・大原氏は「前例のない女系が導入されると万世一系の血統が途絶えてしまう」と危惧する。

「元皇族のご子孫が新たに皇籍を取得し、宮家の当主となっていただく。そうして男系の血統を守るべきです。そもそも万世一系の原則は男系男子による皇位継承だった。例外として10代8方の女性天皇がいらしたが、いずれも男系です。日本の歴史、伝統文化を血統とともに体現されている方が世襲されることが、国民感情に沿うと思う」

 大原氏は、小泉内閣で論議された時には元皇族の子孫の中に皇籍取得の意思がある人がおられることを皇室に近い人物から聞いたという。一方の所氏は、現在ある宮家の存続をまず考えるべき、と主張する。

「男系男子を重んずる風習は軽視できないが、それに固執してはなりません。皇室典範第9条『養子の禁止』と、同第12条『皇族女子の結婚による皇籍離脱』を改正すれば、現在減少傾向にある皇族を維持し、さらに永続できる可能性が出てきます」

 その2点の改正により、眞子内親王、佳子内親王、愛子内親王らが将来、皇室に留まるだけでなく、その宮家の子供が男子であれ女子であれ、養子となって子供のいない宮家を継ぐことも可能になるという。

「現実的な皇室典範改正に向けて多くの国民が冷静に議論しながら、合意点を見つけていかなければならないと思います」(所氏)

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
小林よしのり「愛子さまが皇太子になれるよう皇室典範改正を」
政府発表の女性宮家論点整理に「焦って出した」と皇室専門家
天皇陛下の「生前退位」で女性宮家の議論進むか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP