ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「ラーメンが新たな進化を遂げた」日本発の異色サンドイッチに興味津々

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今やカレーに次ぐ国民食と言えるほど日本国民から愛されている「ラーメン」。最近では、中国人が日本で食べてみたい日本料理として「ラーメン」を挙げたり、韓国の都心部に「本場(日本)の味」をウリにしたラーメン店が軒を連ねるなど、海外でも日本式ラーメンはとても人気が高い。

そんな外国人も大好きなラーメンが、日本では新たな進化を遂げているようだと、韓国のインターネット上で話題となっている。

あるコミュニティーサイトに掲載されたは、ラーメンの具材で作られたラーメンのハンバーガー。麺がバンズの代わりをしていて、バンズと同じ大きさに整えられた2枚の丸い形をした麺が、具材を挟み込んでいる。もちろん中身もラーメン。本来であればチーズやハム、トマトなどがあるはずの場所に、チャーシューやメンマなどがのっている。チラリとナルトが顔をのぞかせるあたりが、さらにラーメンっぽさを感じさせる。

また、日本人なら一度は食べたことがある「焼きそばパン」も、韓国人にとっては不思議な食べ物のようだ。インターネット上には、「ラーメンがこんな風に発展を遂げるなんて」「すごいアイデアだ」「スープの無いラーメンなんて斬新」などと驚きの声が書き込まれている。

話題となっているラーメンハンバーガーは、どうやら福島県喜多方市にある『ふるさと亭』の人気商品『ラーメンバーガー』とみられる。限定販売されている商品で、日本人でも食べたことがある人の方が少ないと思われるのだが、韓国では「日本ではメジャーになりつつある料理」と思われているようだ。

ネット上には「ラーメンサンドイッチを韓国でも売ったら人気が出ると思う」「すごく食べてみたい」「おいしいのかな?レシピがあれば作ってみたい」といったコメントもあり、味についても興味津々のようだ。麺がバンズになったり、具材になってしまったりと、麺を使った異色サンドは外国人から見たらとても不思議。韓国では関心が高まっているようなので、販売したら案外いけるかもしれない。

※画像:ニュース天地より引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。