ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【心のサプリ】「ありがとうの日」を作れば本当に良いことが起こる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近嫌なことばかり起こるという人は、ぜひ試して欲しい。1日ネガティブな言葉や思考をやめて「ありがとう」を言う日にすると、本当に嬉しいことが起こるんですよ。

ネガティブな時にはネガティブな言葉ばかり……

最近つまらないな、いいことないな……。こんな時って自然と「むかつく」「面白くない」「嫌だ」というようなネガティブな言葉が増えていませんか? ネガティブな言葉はネガティブな思考を引き起こし、またネガティブなことを言ってしまうという悪循環になってしまいます。表情だってふくれっ面になってしまうし、そんな人には近寄りたくないですよね。ネガティブな言葉はネガティブな事象を連れてきてしまうのです。

ありがとうの効果とは?

「ありがとう」という言葉にはプラスのパワーがあります。ありがとうって言われて嫌な気持ちになる人はあまりいませんよね。照れくさい時もあるけれど、言ってみるとちょっと気持ちが上がります。ありがとうは、言われた側だけでなく言った側も気持ちよくなれる魔法の言葉なんです。ありがとうは感謝の言葉なので、ありがとうと言うと脳が「ありがたいこと」を探そうとします。すると、今までは気づかなかった感謝すべきこと、ありがたいことに気づくことができ、結果的にハッピーになれるのです。ありがとうを言うことで、自然と「良いこと探し」をしているんですね。

24時間ネガティブを離れてみる

人はネガティブな思考をすることでストレスを発散したり、自分の気持ちを平常に保とうとします。でもそれは「しているつもり」であって、実際にはスッキリすることはありません。24時間、ネガティブ思考や言葉を離れる日を作ってみましょう。どんなことでもいいのです。面倒な仕事が回ってきたら「なんで私が? 」と思わずに「私しかできないから回ってきたのね! 仕方のない人達ねオホホホ! 」くらいのポジティブシンキングにしちゃいましょう。その仕事で評価が上がるかもしれませんし、その機会をもらえたことに「ありがとう! 」と先に言ってしまうのです。24時間ネガティブ思考をやめて「ありがとう」を言うことで、寝るまでに嬉しいことを1つ以上は見つけられるはず。

感謝の言葉が気持ちを向上させることは科学的にも検証されています。ありがとうの日、あなたはいくつ嬉しいことを見つけられるでしょうか。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP