ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふわっふわの贅沢! 超絶品かき氷スイーツ「村上家本舗」【福岡】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どうも、メシ通レポーターの安藤です。

夏と言えば、かき氷を食べないわけにはいきません。

台湾かき氷とか、ふわふわした雪のような食感のかき氷が人気ですが……。

今回ご紹介する「白雪の花」かき氷は、本当にすごーーーーーいのです!

福岡のリゾート地として人気の糸島にある、「村上家本舗」

白糸の滝を目指して山をドライブしていると、こんな看板を見つけることができます。

ふわふわかき氷……。

福岡では、夏になると地元情報誌などにもよく掲載されていて、みんな名前は聞いたことあるんじゃないかな? っていう有名なかき氷屋さんです。

さらに、細い山道を進んでいきます。マイナスイオンたっぷり。

期待が膨らんでいきます。(対向車来ませんように!)

見えてきました! 「村上家本舗」。

あの建物のようです。

すごく立派な建物ですね。入口は、水が流れていたり、とてもいやされる雰囲気です。

店内に入るとこんな感じです。天井が高くて、ゆったりしています。

お店の雰囲気はオシャレな感じで、10テーブルほどあります。

この日は平日11時にお邪魔しましたが、続々とお客さんが入って来て、12時ごろにはほぼ満席でした。

かき氷のお品書き。人気No.1は何と言っても「いちごミルク」。そして、「マウンテンショコラ」、「宇治金時」などが続きます。メニューも豊富でうれしい!

なんと、お食事メニューも充実してます。「なんじゃこりゃバーガー」、すごく気になりましたが、残念ながらこの日は売り切れ。

メニュー表でメニューを選んで、こちらの券売機で購入します。

案内してくれるスタッフの方がいるから安心ですよ。

注文したのは、人気No.1の「いちごミルク (800円)」。

伝わりますか?このふわふわ感!

氷がもはや、氷じゃなくて、糸のようです。

こんなかき氷初めて!

そしてこちらのかき氷。特許を取得しています。

氷に味がついているんです。

スプーンですくって、写真を撮っていると、あっという間に溶けていってしまいます。

口の中でもふわっと。

本当にふわっと姿を消してしまいます。

「雪みたい」とかいうレベルではありませんよ。

どう表現したらいいのか、ふわふわ。食べてるっていう感覚もなく

美味しさが口の中に広がるんです。

不思議!でも、うまーーーい!

かき氷じゃない、何か特別なスイーツだと思うんですが、どう表現していいか分かりません! 嘘だと思ったら一度食べてみてください!

ロールケーキもふんわりです。かき氷に合うようにチョイスされているようです。もちろん、ロールの中もイチゴクリームです。イチゴソースもふわっとしたかき氷とよく合います。

北海道のスキー場のような、パウダースノーです。

どうやったらこんな氷ができるのか、撮影をお願いしましたが企業秘密とのことでした。そして、特別な機材が使用されています。

削り方も、誰もが削れるわけではなく、練習が必要なのだそうです。

2、3日バイトに来たからって削れるようにはならないと説明してくれました。

その日の気温や条件などによっても削り方を変えているそうです。

熟練の技術ってすごいですね。

代表の友岡さん。

「白糸の滝の水がすごくきれいだから、これをいかしたい」という理由で「白雪の花」かき氷をつくり始めました。

氷の作り方から削り方まで徹底されていて、お話を聞いているだけで情熱が伝わってきます。ちなみに氷の作り方も特許を取得しているそうです。

氷をいかすこと、来られた方が満足できることを考え続けて、創業時から少しずつメニューも進化を続けています。

最初の頃は、イベントにも出店したこともあるそうですが、氷が風で飛んでしまうため、今はしていないとのことです。(どれだけふわふわか分かりますね!)

創業から10年、今では土日には2時間待ちもある人気店の「村上家本舗」。

福岡では、「村上家本舗」のかき氷を意識して作るお店も多くなりました。でも、やっぱり違うんですよ。一度食べてみたら分かります。今まで、ふわふわと思っていたお店以上にふわふわなんです。

友岡さんが惚れた「白糸の滝」。福岡では有名な涼スポットです。

冷たくて、透明で、美しい。この水で氷が作られているんですね。

糸島の白糸の滝を目指して、ぜひ行ってみてくださいね!

お店情報

村上家本舗

住所:福岡県糸島市白糸426-1

電話番号:092-321-2334

営業時間:10:00~17:00

定休日:10月~4月のGW前まで休業(4月GW~9月中の定休日はなし)

ウェブサイト:http://www.sirayuki.jp/first.htm

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【食文化魔改造】レトルトカレー専用☆カレーうどんの素【なぜ作った】
元祖泡系ラーメン! 上品な濃厚とんこつで 唯一無二の存在「金田家」【福岡】
ロングセラーだけど新しい!? 福岡の“冷やし麺”と言えば「ちんめん」ったい!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP