ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野村訓市 スパイク・ジョーンズとパリで踊った思い出

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの日曜20時からの番組「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」(ナビゲーター:野村訓市)。8月7日のオンエアは「ダンス」をテーマにお届けしました。

野村にとってダンスといえば、一つ印象深い思い出があるのだとか。それは、先日パリに行った時のこと。

パリでは野村の友人であり、映画監督のスパイク・ジョーンズと待ち合わせていました。毎年夏に世界のどこかで合流してご飯を食べたり、小旅行に行ったりするほど仲が良いそうです。

スパイク・ジョーンズといえば、「マルコヴィッチの穴」や「her/世界でひとつの彼女」の監督として世界的にも有名ですが、そのキャリアのスタートはスケートボードのビデオからでした。その後、MTVでビデオを撮り、それから企業コマーシャル、そしてハリウッドに進出したという経歴の持ち主です。

「スパイクは独学で始めて、好きなことだけをやりながら映画にたどり着いた。僕ら世代のDIY的な生き方の先駆者の一人です。本当に、予算の大小に関係なく好きなものだけをやっていくというスタンスは素晴らしいですし、たまにブラックな話題とすごいメランコリックなものが同居する作品を作るんですけども、それって本人の性格そのものなんです。突然、突拍子もないことをしたり、おセンチになったりとおもしろい人」

そんなスパイク・ジョーンズが今回、パリを訪れたのは、彼の製作した映像が流れるパーティーがあったからでした。野村も「20時からのイベントなので必ず20時に来てくれ」と言われていたそうですが、他の友人たちとヘミングウェイバーでどんちゃん騒ぎをしていて、千鳥足で行った時にはもう上映は終わっていたそうです(笑)。もちろん、スパイク・ジョーンズには怒られたようですが、みんなのためにもう一度上映してくれたとも。

ちなみに、そのパーティーは格式ある古いホテルの1階と中庭を貸し切った豪華なパーティー。最初に流れる映像は、若い女性がクレイジーな踊りをする「とてもスパイクらしいおもしろい映像」だったのですが、その後、映像の振り付けを考えたノリのいい振付師が現れ、突然パーティーの参加者に振り付けの指導がスタート!

パラパラのような踊りを、若い人から年配の方まで、その場にいた全員が踊り、とにかく盛り上がったと言います。

「こういう時に『こういうのは俺っぽくないからやだなあ』とか『僕はいいや』という人が少なくって、全員やるのが外国人のいいところですよね。照れたり、文句言わずに、すぐ参加します。僕ももちろん、先頭で踊りました。(中略)僕はいろんなとこで遊びに行って踊ってきましたが、そういう場で目が合って20分でも30分でも一緒に踊った人は、友達になって今も連絡を取り合っています。なんでしょう、言葉にならない会話というか、楽しい空気を共有したというのは、2〜3時間話すよりはるかに強い何か相互関係というのを生むんじゃないかなと思います」

言葉が通じなくても、一緒にダンスを踊れば信頼関係が生まれるなんて、不思議でステキな話ですね。

【関連サイト】
「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP