ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TUBE、真夏のスタジアムライブ関西公演で「RIDE ON SUMMER」初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TUBEが毎年恒例となっている夏の野外スタジアムライブ、「TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2016 ?RIDE ON SUMMER-」の関西公演を8月6日、兵庫・ほっともっとフィールド神戸で開催した。

1991年から阪神甲子園球場でライブを行ってきたTUBEだが、ここ数年ライブスケジュールがTUBEにとっての大晦日である8月31日以降での日程が続いていた為、昨年デビュー30周年、連続25回目という区切りに、3万人のファンに惜しまれながら“最後の甲子園ライブ”を開催した。関西でも野外ライブを開催して欲しいというファンの熱い想いに応え、今年は場所を移し“ほっともっとフィールド神戸”で、真夏に関西でライブを行った。

メインステージにはデビュー31年目、新しいステージに羽ばたくことをイメージしたかのような5つの気球が設置され、青い空に向かって浮かんでいる。今回のツアーは“長年支えてくれているファンにも、初めてライブに来た人にも楽しんでもらえる”選曲をテーマに、誰もが知るTUBEのヒット曲とアルバムツアーではなかなか聴くことができない隠れた名曲を演奏するというコンセプトで構成されている。

オープニングはメンバーそれぞれがハードロックがルーツでもあるTUBEのロックメドレーでライブがスタート。代表曲「シーズン・イン・ザ・サン」そして、今年7月に発売した通算60枚目のシングル「RIDE ON SUMMER」をライブ初披露。前田亘輝の声帯手術を経て初レコーディングしたこの曲は、メンバーにとってもファンにとっても思い入れの深い楽曲。毎朝目覚めるたびに、新しい自分に変われるチャンスは誰にでもあるという”始まり”を予感させるポジティブなメッセージソングで、パワーアップした伸びやかな歌声を聴かせた。

本編後半戦、ソロデビュー30周年の節目に11月に4年振りの全国ソロツアーの開催&16年振りのフルアルバムの発売を発表した、ギタリスト春畑道哉のソロコーナーではサッカーJ1リーグで兵庫を本拠にするヴィッセル神戸のために書き下ろした新曲を披露。ステージの両サイドにはタイトル「WE ARE ONE」の文字が刻印された赤と白の大きなフラッグが雄大にはためく中、ヴィッセル神戸のチームカラーでもある赤色のギターを手にエネルギッシュなギタープレイが展開され、ドラマチックなサウンドに会場が1つに包まれた。

更に本編ラストを飾ったのは昨年末、冬のシングルとして発表した「灯台」。ボーカルの前田亘輝は「去年はTUBE30年アニバーサリーイヤーということで年末までライブをやり終え、『やったー!』と思ったら僕の喉がパンクしまして、高校生以来の手術をしました。しばらく休養して、今年は野外ライブはないかなと思ったけど、こんな素敵な会場があったので、是非11年振りに8月に関西圏で野外ライブをやりたいということで開催することになりました。」と、11年振りに“真夏(8月)”に開催した関西でのスタジアムライブへの想いを語り、「今日は1秒1秒、自分が歌えることの喜びを感じながら歌ってきました。今歌える喜びを噛みしめながら『灯台』。」と本編を締めくくった。

アンコールでは、TUBEのスタジアムライブ恒例、お待ちかねの炎や打ち上げ花火などの特効SHOWが神戸の夜を彩り、場内からは大きな歓声が湧き上がり、「この街と海、そして音楽を大切にしていって下さい。本当に今日はどうもありがとう!」という前田の挨拶で、TUBEのほっともっとフィールド神戸での夏は終了した。

また、8月20日には28回目となる横浜スタジアムでのライブを開催する。

関連リンク

TUBEオフィシャルページ:http://www.tube-net.com/
■TUBE Official Facebookhttps://www.facebook.com/TUBE
TUBE Twitterhttps://twitter.com/tube__official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP