ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

VRで劇を作り、公開できるアプリ『Mindshow』登場人物のモーションは自分で演じる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

モーションキャプチャーで演技を記録し、作ったストーリーを全世界に共有する。Visionary VR社の提供するVR演劇とも言えるアプリ「Mindshow」が、8月6日、アメリカで開催されたVRLA SUMMER EXPO 2016で披露されました。

https://www.youtube.com/watch?v=2p9Cx4iX47E

VRストーリー動画を手軽に

今年初めに600万ドルを調達して以降、Visionary VR社は密かに『Mindshow』の開発を続けてきました。

Mindshowは、誰でも簡単にVRストーリーを作れる、HTC Vive向けのアプリケーションです。

image00 copy copy copy

様々に用意された舞台を選び、自由に小道具を配置。キャラクターをシーンに置いたら、HTC Viveのモーションキャプチャーで登場人物を自在に動かせます。

キャラクターの動きを記録した上で、さらに声を当てることも可能。公開された動画では、直感的にオブジェクトを並べて、生き生きとしたキャラクターを手軽に生み出している様子が見て取れます。

物語が完成したら、全世界に公開しましょう。完成した作品はモバイルVRや2D動画としても楽しむことができます。

アーリーアクセス募集中

Visionary VR社は現在Mindshowのアーリーアクセスを募集しており、Mindshow公式サイトから登録することができます。

image01 copy copy copy

現在は用意された舞台や小道具、キャラクターを組み合わせて作るのがメインですが、自分で作ったキャラクターを演じられたら、無限の物語が生まれそうです。

パーティーのサプライズや感動を呼ぶストーリーなど、活躍の幅も広いであろう画期的なストーリー制作アプリ。ぜひみなさんも、自分だけの物語を作り出しましょう。

Mindshow公式サイト
http://mindshow.com/

(参考)
Road to VR / ‘Mindshow’ Revealed by Visionary VR – Stage, Animate, and Record Your Own Stories in VR(英語)
http://www.roadtovr.com/mindshow-visionary-vr-content-creation-record-shows-storytelling/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。