体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エンジニアが質問し、エンジニアが答えるQ&Aサイト──2周年を迎えた「teratail」の解決力

国内プログラマのほぼ全員が、月に一度は訪れるQ&Aメディア

teratail」は、ITエンジニアがプログラムの設計やコーディング時に抱えるさまざまな問題や課題を投げかけると、全国のユーザーが自身の知見を活かして回答してくれる、会員制のQ&Aサイトだ。

単なるQ&Aサイトというより、質問と回答に対する評価付け機能や、タグの検索や投稿編集機能も豊富で、良質なコミュニケーションを通して有用なナレッジを蓄積している「ナレッジコミュニティ」の一つともいえる。

同種のサイトとしては、2008年から運営が開始され、現在登録ユーザー数が世界で100万人とされる英語圏エンジニアのための「Stack Overflow」が知られるが、国内では会員数4万人ながら、むしろ質問や回答を投稿するユーザーは「teratail」の方が多い。

日本語で自由に質問・回答ができ、かつ評価付けなどゲームフィケーションの要素を採り入れたサイトとしては希有のものだからだ。

その認知度を裏付ける数字が2周年にあたって公表されたレバレジーズのニュースリリースの中にある。「teratail」の会員数、月間ページビュー(PV)、ユニークユーザー(UU)数は、開設以来順調に増え続け、今年7月にはPVが143万、UUも65万を突破した。

▲「teratail」の会員数・月間PV・UU数推移

インフラ系、アプリ系、運用系サービス技術者の合計は約50万人(IPA『IT人材白書2016』)と推測されるから、「国内プログラマのほぼ全員が月に一度は訪れているメディア」と言い方は決して大げさではない。

数多くのプログラマが参加し、1カ月に2万件を超える活発な投稿が行われるサイトだけに、その質問傾向から日本のエンジニアの技術的関心を探ることも可能だ。例えば言語に関する関心だ。

すべての質問にはキーワードごとにタグがつけられているが、それを集計すると質問数の多い言語はやはり「PHP」「Java」「JavaScript」が上位3位を占める。実務での導入が多い言語だけにこの結果はなんら不思議ではない。

しかし、ランキングをトップ30まで見ると、2014年に発表された「Swift」が10位にランクインするなど、比較的新しめの言語にも関心が集まっていることがわかる。

さらにリリースによれば、2016年に登場したばかりの「Anglar2」「Elixir」「Kotlin」への質問もすでに散見されるなど、エンジニアの貪欲な好奇心を窺うことができる。

「teratailの1年目の頃は、三大Web言語以外のその他の部分には、WordPressの質問なども入っていて、回答者には非エンジニアも多いのかと思いましたが、2年目になるとかなりエンジニア色が強まっています。サイエンス分野で使われるような高度な言語への質問も目立つなど、技術的関心の多様性も広がってきました」と、teratail開発リーダーの本橋佑介氏はこの2年の変化を指摘している。

▲レバレジーズ株式会社 teratail開発リーダー 本橋佑介氏
1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。