ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

359度向きが変えられる「回転式ハウス」が楽しそう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一体どういうことか。文字通り、家がクルクル回るんです。百聞は一見にしかず。まずは動画を見てみて下さい。

家の向きが自由に変えられる!



どうやら子どもたちの力でも回っちゃうみたい。「PATH Architecture」が設計した約13平米(144平方フィート)の家『359』がコチラ。

これなら、窓がどの方角にあるかなんて関係なし?なんてったって、ほぼ360度向きを変えられるわけですから。

実際に回転できる角度は、ネーミングのとおり359度まで。電気や水道の配線の関係上それが限界です。それでも、夏は陽射しを避けたり、冬は採光したりと自由自在。

中はちゃんと住みやすいつくりになっています。

Photo by Evan Stravers

Photo by Evan Stravers

Photo by Evan Stravers

家が回転するだなんて発想自体が斬新。見渡せる景色を選べると考えたら贅沢かもしれません。

Tree Hugger」によると、作家のジョージ・バーナード・ショーは、過去にもっと小さな「回転小屋」をつくって書斎として使っていたそうで、太陽光の入り具合で室温を調節するだけで、随分快適だったのだとか。なにより、回すのが楽しそうですね。

Reference:Tree Hugger
Licensed material used with permission by PATH Architecture

関連記事リンク(外部サイト)

暗闇であなたを守る!スウェーデン生まれの「光るスプレー」ALBEDO100が日本に上陸

シャッターは押さなくていい。メガネに付けて「ウインク」すると撮影できる便利なアイテム
素材は11本の使用済みペットボトル。あの「Kanken」から、究極にエコなリサイクルバッグが登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP