ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。

いつものインテリアに飽きたなら、アクセントに置いてみるとぴったり!普通の観葉植物よりも雰囲気がポップになるので、夏場のインテリアに最適ですよ。

インテリアに
「遊び」が欲しいとき。

Fanny Zedeniusさん(@createaholic)が投稿した写真 – 2015 11月 4 11:10午後 PST

Antonia Schmitzさん(@craftifair)が投稿した写真 – 2016 6月 29 5:34午前 PDT

Mali&Wolfさん(@mali_and_wolf)が投稿した写真 – 2016 7月 11 10:43午後 PDT

サボテンが置いてあると、どこか抜け感が出てオシャレ。

C H A R L E E Nさん(@lovely_little_plants)が投稿した写真 – 2015 7月 2 8:40午前 PDT

頭が赤いムーン・カクタスがあると華やかに。

thilde secherさん(@thildesecher)が投稿した写真 – 2016 7月 11 7:01午前 PDT

@conservatory_archivesが投稿した写真 – 2016 2月 17 7:10午前 PST

部屋の中に、小さな砂漠のオアシスが完成!

Michelle Kortlandさん(@michelle_kortland)が投稿した写真 – 2016 7月 11 4:05午前 PDT

こんな多肉植物を吊るしてみてもいいかも。

小ぶりのアロエなら
室内でもOK。

夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。

さん(@bellyni)が投稿した写真 – 2016 3月 28 9:01午前 PDT

よく庭先で見かけるアロエも、室内で大丈夫。

Erikaさん(@_erika.ann_)が投稿した写真 – 2016 7月 10 9:57午前 PDT

一人暮らしの部屋でも、こんな多肉植物があれば思わず明るい気持ちになるはず。インテリアにどこか物足りなさを感じたら、足りないのはこんな植物かも。

とりあえず小さいものを一つ、と買い出したら止まらなくなりそう。

Reference:Fanny Zedenius,craftifair,mali_and_wolf,lovely_little_plants,thildesecher,conservatory_archives,michelle_kortland,bellyni,_erika.ann_

関連記事リンク(外部サイト)

夏は部屋の中に「ジャングル」を作ってみよう。
今さらだけど、アロエが便利すぎる。
世界で一番「スマートなメジャー」が想像を超えていた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。