ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルーインパルスの飛行演目は雲の高さで変わる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブルーインパルスの展示飛行は「課目」と呼ばれる1つ1つの飛行演技を連続的にプログラムした「区分」に基づいて行われます。この区分は第1区分から第4区分に分かれています。演目の区分けの基準になるのが、飛行空域に発生している雲の最低高度と、どれだけ遠くを見渡せるかの視程です。

ブルーインパルスは有視界飛行

ブルーインパルスのアクロバット飛行は、有視界飛行によって行われます。このため、視界を遮る雲がどの高さまで降りてきているのかによって、行える飛行演目の区分が変わってきます。

すべての課目を行うのが第1区分で、雲の最低高度が低くなるに連れて、第2区分、第3区分、第4区分と下がっていきます。27の課目がプログラムされる第1区分と第2区分、課目が3つ減って24になる第3区分と第4区分に大別されます。

垂直系と呼ばれる第1区分と第2区分は大差なく、高度9,000フィート(約2,740m)を必要とする垂直面(バーティカル)に8の字を描く「バーティカルキューバン8」が、水平面に8の字を描く「キューバン8」に変更されるだけです。

ブルーインパルスの見どころ

課目が劇的に変わるのは第3区分と第4区分。両者に大きな差はないのですが、雲の位置が低いので、第1・2区分で行われていた高度5,500フィート(約1,680m)を必要とするループ系の課目と、高度8,500フィート(約2,590m)までデルタ隊形で上昇する科目が変更されます。

具体的には「デルタループ」「チェンジオーバーループ」「ワイドトゥデルタループ」と「スタークロス」に変わって、後半の課目が水平系のロールを主体とする課目に差し替わるのです。

また、第1・2区分でブルーインパルスのは5・6番機が背面飛行をする「ハーフスローロール」が、第3・4区分では5番機が背面飛行をする「バックトゥバック」に変わります。

第3・4区分では高低差を利用した課目は見られませんが、第3・4区分でしか行われない課目がたくさんあります。このため、ブルーインパルスの展示飛行は下位の区分に見どころがないわけではないのです。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。(写真/星智徳)

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP