ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドローンで建設現場を可視化!建設プロジェクトのためのソリューション「TraceAir」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空中撮影、災害調査、捜索サポート、農薬散布、植樹、荷物の配送など、近年、ドローン(無人航空機・UAV)が、様々な分野で活用されはじめている。

そして、ドローンを建設の分野に応用したのが、「TraceAir(トレース・エア)」だ。

・ドローンで建設現場を可視化

米シリコンバレーで2015年に創設された「TraceAir」は、ドローンによる空撮画像のデータ分析によって、建設現場を可視化するクラウド型のソリューションである。

「TraceAir」では、ドローンが自動で空中から建設現場を撮影し、クラウド上に画像データを保存。

ユーザーは、デジタルマップ化されたインターフェイスで、建設現場の空撮画像と設計図とを比較し、進捗状況を確認したり、ミスやエラーを発見することができる。

これまでに、ロシアの不動産開発業者の「Radius Group」や建設会社「Morton」などの建設プロジェクトで、「TraceAir」のソリューションが導入されているそうだ。

・建設現場のミスやエラーの早期発見につなげる

建設の過程でミスやエラーが発生すると、その修正に時間と費用を要するため、工期に遅れが生じたり、建設費が膨らむおそれがある。

また、これら誤りの早期発見は、事故や災害を未然に防ぐためにも不可欠だろう。

「TraceAir」は、ドローンの活用が建設プロジェクトのマネジメントに有効であることを示す事例としても、今後、注目を集めそうだ。

TraceAir

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP