体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたも知っておいたほうがいい、海での事故やトラブル対処法7選

あなたも知っておいたほうがいい、海でのハプニングの対処法・7選

毎年、夏になると増えるのが海でのハプニング。突然、雷が鳴り始めたり、クラゲに刺されたり、沖に流されたり・・・。そんなとき、ちょっとした知識を持っていれば、大きな事故を未然に防ぐことができます。今回は、知っておいた方がいい海でハプニングが起こった際の対処法を7つご紹介。

放っておくのは危険! クラゲに刺されたらすぐに応急処置を

あなたも知っておいたほうがいい、海でのハプニングの対処法・7選

クラゲは8月のお盆あたりから10月くらいまで大量発生し、刺される人が後を立ちません。そんなクラゲに刺されないためには、クラゲ除けローションを塗ったり、ウェットスーツorラッシュガードを着て海に入るのが一番です。

それでも、刺されてしまったら、素早く海から上がり、ピンセットなどで、クラゲの触手を抜き(※素手で引き抜くのは危険です)、40度以上の熱い砂を患部にかけてから、海水で洗い流してください。ただ、これはあくまで応急処置ですので、すぐに病院に行きましょう。

気づいたら沖に流されていた! 沖向きの流れから抜け出すことを第一に考えて

あなたも知っておいたほうがいい、海でのハプニングの対処法・7選

大前提として、なるべくライフセーバーのいる海で泳ぐことが大切です。しかし、ライフセーバーがいる海ばかりではないのが現状。もしライフセーバーがいない海で沖まで流されてしまったら、体制を整えて、顔をしっかり水面から出して呼吸します。もし浮き輪などがあれば、それにしっかりつかまって、体力の消耗を最小限に抑えましょう。

そのうえで、岸と平行に泳いで、沖向きの流れから抜け出すことが大切。間違っても、岸に向かってまっすぐ泳がないでください。ますます沖向きの流れに巻き込まれてしまう危険性があります。また、近くに人がいるようなら、大声で助けを求めたり、手を振るなどして、SOSの合図を送りましょう。

恐怖のシャークアタック! サメを見かけたら生存率を高める行動を

あなたも知っておいたほうがいい、海でのハプニングの対処法・7選

サメに遭遇したら、まずは慌てないことが大事です。サメは水しぶきに敏感に反応するので注意してください。ただ、サメは空腹でなければ、人を襲ってくることはめったにないため、落ち着いて、水しぶきを立てずに、静かにその場を離れましょう。

しかし、サメが攻撃してきた場合は、サメの急所である目や鼻先を思いっきり殴ってください。もしも、サメに噛まれてしまったら、指をサメの目に入れてください。サメが驚いて離してくれるかもしれません。

パニック! 溺れてしまったときは、とにかく慌てず冷静に

あなたも知っておいたほうがいい、海でのハプニングの対処法・7選

まずは慌てず、落ち着いてください。そのうえで、力を抜いて自然に浮かぶまで待ちましょう。浮いたら、仰向けになって、口と鼻を水面に出し、波や流れに身を任せます。それから、周囲に助けを求めてください。大声で叫んだり、手を挙げたり、振るなどすれば、誰かに気づいてもらえる可能性があります。

ポイントは無理して泳がないことと、着ている服を脱がないことです。海の中で動くと、想像以上に体力を消耗するので注意してくださいね。

海で泳いでいたらイナズマが! 落雷から身を守るには?

あなたも知っておいたほうがいい、海でのハプニングの対処法・7選
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy