体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悪阻、頭を抱えるほどの頭痛、あばら骨の痛み…全てを一瞬で忘れた我が子との出会い

f:id:akasuguedi:20160805102505p:plain

2010年5月15日、結婚式を挙げる。

結婚式ではビールサーバーを背負い、ドレス姿で来賓の方々とビールの一気勝負、二次回三次会と朝まで飲み明かす程のビール党の私だった…。

結婚式を終え1日目、二日酔いで具合が悪く、一日中寝腐る。

2日目、二日酔いも終わっているはずなのに身体と頭がポーっとする。

3日目、微熱があるのに気付く。

変な勘が急に働き、「もしかして?」と思い妊娠検査薬を試してみる。結果はまさかの陽性。

新婚旅行もまだしていない、これから2人でたくさん楽しい事をしよう、そう決めていたそんな中で妊娠が発覚…と同時に、激しい悪阻に襲われはじめる。

当時、妊娠2ヶ月の妊娠初期。起きていても寝ていても胸がムカムカ、頭はポーっとし何も手につかない、少しも動けない、何も食べられない…。布団に寝たきりで、ボールに氷を沢山入れてそれを口に入れてボリボリかじり、なんとかそれで水分を補給していた。

そんな日々が一ヶ月ぐらい続き、少し動けるようになったと思い買い物に…ところが今度は貧血で眩暈を起こし、スーパーで倒れる。 関連記事:妊娠前はつわりの辛さを思ってもみなかったけれど。。。

親が60キロ離れた実家から私を迎えに来てくれて、そこからは実家での妊婦生活が始まる。

妊娠初期4ヵ月ぐらいになると吐きつわりはほとんどなくなったが、次にきたのが頭痛。後頭部をハンマーで殴られてるような痛みが続く。

車に乗っていると余計に痛くなり、頭を抱えるほど。

そんな激しい頭痛が3日に1回は発症していた。薬も飲めない、どうする事も出来ない。この頭痛が妊娠生活の中で1番辛かった。

安定期に入ると頭痛も少しずつ取れ、次に来たのが食べ悪阻。胃に物が入っていないと気持ち悪くなるたちの悪い悪阻。

夜中にもお腹がゴロゴロなりだし、枕もとに小さなおにぎりを置いて、起きてはおにぎりを食べを繰り返した。

おかげで元の体重より20キロも太った。身体が重い、今までこんな重たい身体で生活をした事がない。

しんどい、と同時にあばらがとてもズキズキ痛くなってきた。トイレで少し踏ん張るだけでもビキっと痛む。

これは出産の時に力めないぞ、困ったぞ、と思い整形外科に行って先生に話してみるも、レントゲンは撮れないからとあばら骨を触って、骨折はしていないから大丈夫だと…。私自身は何も大丈夫ではない。

産婦人科の看護士にも相談してみた。

「トイレでの踏ん張りも出来ないんですが、出産の時、私はちゃんと力めるんでしょうか」

看護士はクスクスと笑い、

「お母さん大丈夫ですよ、いざとなったらきっとその痛みも忘れてますから」

1 2 3次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会