体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

円頓寺商店街&四間道が真っ赤に染まる真夏の人気イベント! 8月21日(日)開催「とまとまつり」とは【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20160711093208j:plain

名古屋はトマトケチャップ発祥の地だった

地下鉄桜通線「国際センター」駅、「丸の内」の近くにある円頓寺(えんどうじ)商店街。

f:id:Meshi2_IB:20160711085819j:plain

昭和の風情が残るレトロな雰囲気が人気を呼んでいる。今の姿からは想像できないが、ここ円頓寺界隈は明治中期から戦前まで名古屋でも最大の盛り場だったという。

f:id:Meshi2_IB:20160711085951j:plain

商店街から一本入ると、四間道(しけみち)と呼ばれる蔵や町家が建ち並ぶエリアが広がる。ここはかつて江戸初期に名古屋城築城の際に造られた商人の町。

元禄13年(1700年)に発生した大火の後、防火の目的で道幅を四間(約7メートル)に拡張したことでその名が付けられたという。

f:id:Meshi2_IB:20160711091356j:plain

ここ数年、円頓寺商店街や四間道にはフレンチやイタリアン、割烹など飲食店のオープンラッシュが続いている。今、名古屋でもっとも注目を集めるエリアなのだ。

そんな円頓寺商店街と四間道界隈で8月21日(日)に「とまとまつり」なる祭りが開催されるという。

えっ!?トマト祭り? あの、トマトの収穫を祝ってトマトをぶつけ合う、あのスペインの奇祭をやるというのか!?

そんなもったいないことはしませんよ。実は愛知県はトマトソース(現在のトマトピューレ)やトマトケチャップが生まれた場所。しかも円頓寺筋にある洋食店「勝利亭」さんが開発に携わっていたそうです。それならまずは円頓寺商店街からトマトの魅力を全国に伝え、地元をトマトの力で元気にしようかと。

そう話すのは「とまとまつり」の発起人で四間道でフレンチレストラン「四間道レストラン MATSUURA」を営む松浦仁志さん。

f:id:Meshi2_IB:20160711091418j:plain

愛知県が、そして円頓寺商店街がトマトソースやトマトケチャップの発祥の地だったとは!

定番オムライスにケチャップをかけて

さっそく松浦さんの話に登場した洋食店「勝利亭」を訪ね、詳しく話を聞くことに。

f:id:Meshi2_IB:20160712081537j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。