ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バレー五輪代表・荒木絵里香支える母「子育ては私に任せて」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルを獲得し、リオデジャネイロ五輪では2大会連続となるメダル獲得を目指す女子バレーボール日本代表。主将の木村沙織選手や、21才のセッター宮下遥選手など、充実した戦力が揃う中、実に40年ぶりとなる金メダル獲得に向け、チームを支えるキーパーソンがいる。ミドルブロッカー、今年32才の荒木絵里香選手がその人。2才の娘を持つ母親でもある彼女を、無償の愛で支える女性がいる──。

 出産から、あっという間の復活だった。荒木絵里香選手の母、和子さんは穏やかな笑みを浮かべて言った。

「まさか、こんなに早く絵里香がまた五輪に出るなんてね。考えもしませんでした」(和子さん・以下「」内同)

 国内トップリーグでプレーし、女子バレーボール日本代表に4年ぶりに復帰、リオ五輪に出場して世界一を目指す。まさに第一線でプレーしながら、幼い娘の子育てをする、無謀にも思える絵里香さんの挑戦を支えるのが母の和子さんだ。

 元ラグビー選手で、大学や社会人リーグでもプレーした夫の博和さんと1983年に結婚し、中学の体育教師だった和子さんは退職した。以後、専業主婦として家族をサポート。「絵里香にはいろいろなことをやって、いちばん合うものを選ばせたい」と、幼い頃は水泳や陸上、バレーボールなどさまざまなスポーツをさせた。

「同級生の中でも群を抜いて大きかったですから、大きいというだけでいじめの対象にもなるし、心ない言葉を言われたこともあります。でも、何かで自信をつけられるようになれば、どんなことを言われても強くなっていくのではないか、と思ったんです」

 小学5年生から地域のクラブでバレーボールを始めたが、技術はさほど高かったわけではない。それでも小学6年生で180cmを超える身長と将来性を見込まれ、中学に入ると年代ごとの日本代表候補に選出されるなど、バレーボール選手として華やかなキャリアを歩み出した。

 高校進学を前に、地元・岡山県内の強豪を選ぶか、県外の学校へ進むか、選択を迫られる中、博和さんの東京転勤が決まった。

 それならば、と高校は自主性を重んじ、トレーニングなど体づくりにも力を入れている女子バレーボールの名門、成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)を選択。同じ年で、エースの大山加奈選手(アテネ、北京五輪代表)を中心に、絵里香さんも1年時から試合出場を果たし、全国優勝も経験。実績を見ればエリート街道まっしぐら、と思われるのだが、和子さんの見解は違う。

「ヘタクソだったんですよ。主役になれる選手は他にいたから、目立たないところで1年ごとに上手になっていく姿が、面白かったですね」

 高校卒業後はVリーグの東レアローズに入り、2003年には初めて日本代表に選出された。2004年のアテネ五輪は直前でメンバーから漏れ、出場を逃がしたが、和子さんはどんな時でもいちばん近くで支えてくれる、絵里香さんにとって最も心強い応援団だった。

◆「代表復帰」の話に戸惑いを見せた絵里香さん

 絵里香さんがバレーボール選手として経験を重ね、1つずつステップアップを遂げる一方、和子さんも「もう一度自分の楽しみとしてやってみよう」と、2011年に中学の体育教師に復職。「60才までは楽しませてもらおう」と思っていたそうだが、2014年3月に再び離職。ロンドン五輪の翌年に元ラグビー日本代表選手だった四宮洋平さんと結婚した絵里香さんの妊娠が判明したからだった。

「絵里香は『結婚して、子供がほしい』とは言っていたので、結婚すると聞いて、『いつか子供ができたらいいね』と思っていたのですが、あんなに早く恵まれるとは思わなかった。だから妊娠がわかった頃、最初は軽い気持ちで『お母さんがサポートしてあげるから安心して産みなさい』と、言っちゃったんです」

 難産の末、2014年1月に絵里香さんの長女、そして和子さんにとって初孫の和香ちゃんが生まれた。

「パッチリした目じゃないところは、絵里香に似ているかな。絵里香が赤ちゃんの時は私の母と姉に『どうだった?』と聞いたら『大きかった』しか言わなかったんですよ。だから絵里香の赤ちゃんの時と比べたら、和香の方がかわいらしいですね(笑い)」

 出産後もバレーボールを続けたい。そんな娘の思いを汲んでのサポート宣言だったが、実際に始まってみると「想像以上に大変だった」と笑う。

 当初は絵里香さんも「1年でも長くバレーができればいい」という思いで、日本代表に戻りたいと考えていたわけではない。だが復帰直後のシーズンにブロック賞を獲得するなど、抜群の存在感を誇る絵里香さんに眞鍋政義・女子バレーボール日本代表監督は「もう一度やってみないか」と打診。代表でプレーするとなれば、海外遠征で長く家を空けることもあり、簡単に「やります」とは言えない。絵里香さんと夫の洋平さん、そして和子さんの3人で家族会議が開かれた。

「やるからにはトップを目指せ」と代表復帰を後押しする洋平さんに対し、やや躊躇していたのは他ならぬ絵里香さんだったと和子さんは言う。

「2度の五輪を経験して、世界で戦うことがどれほど厳しいか、『そんなに簡単に戻れる場所じゃない』というのは、本人がいちばんわかっているんです。幼い娘と離ればなれになることも不安だったでしょう。でも、せっかくチャンスがあるなら、やらずに後悔するよりも、やってみてダメだった、と思えばやめればいいわけですから。それぞれができることをしよう、と決めたんです」

◆「女性も社会進出する時代」と子育てを助ける

 絵里香さんはバレーボール選手として再び世界を目指し、女子ラグビーのクラブチーム「東京フェニックスRC」の代表を務める洋平さんも自身の仕事で飛び回る。子育てのすべては、和子さんの仕事だ。

 例えば、ある1日を例にするならば、7時に起床して孫娘に食事をとらせ、洗濯、掃除など家事を片づけ、10時頃には地域の施設で遊ばせ、帰宅後は昼食の準備。昼寝の間に夕飯の支度を手早く済ませ、目が覚めたらまた孫娘と手をつないで近所を散歩、18時に夕食を済ませて入浴し、合宿中の絵里香さんとテレビ電話でその日の出来事を報告して21時に就寝。息つく暇もない。

「30年ぶりの子育ては並大抵のことではない、と思っていましたけど、年をとると体もきつい。友達には『孫はたまに会うからかわいいのに』って同情されるんです(笑い)」

 あまりの忙しさに体調を崩したこともあるし、時には些細なことで絵里香さんや洋平さんと衝突することもあるというが、それも家族が協力し合い、夢を叶えるためには必要なことだと和子さんは言う。

「私の時代は結婚したら仕事を辞めるのが当たり前。でも今は違う。女性も社会進出する時代ですから、子育てしながら仕事、絵里香の場合はバレーボールをするのは大変なことだけれど、だからこそサポートが大切で、絵里香自身も『お母さんがいないと無理』とわかっています。だから休みの日は体が疲れていても絵里香は和香と遊ぶ時間をつくって、私は休暇をもらうんです(笑い)。教師として大勢の子供に接する人生もあれば、わが娘の子供に注ぐ人生もある。結構楽しいものですよ」

 リオ五輪は、孫娘と2人、日本からテレビで声援を送る。

「治安も心配ですよね。結果も大事だけど、無事に、早く帰ってと、それがいちばんです」

 3度目の五輪で金メダル獲得を目指す娘を、どんな時も温かく、母が見守っている。

●取材・文/田中夕子(スポーツライター)

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
Amazonプロデューサーが勧める『殺人の告白』他、韓流2作品
小沢一郎氏 妻の「手紙」公開で求心力低下、選挙危ぶむ声も
枝野長官 震災2週間後に初帰宅し妻の手作り餃子を食べる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP