ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性問題で窮地の若手議員が田中角栄に一生忠誠誓った理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 田中角栄は「人たらし」と言われた。会った人の心を瞬時につかみ、反対派でさえも虜にする人間的魅力を備えていた。それは言葉だけの力でもカネだけの力でもない。「人を操る心理学」を熟知していたからだろう。角栄の数々の名言の背後にある人心掌握の哲学を探求していこう。ジャーナリストの武冨薫氏がレポートする。

 * * *
〈人にカネを渡すときは、頭を下げて渡せ。「くれてやる」と思ったら、それは死にガネだ。〉

 金権政治の象徴のように言われる角栄は、気前よくカネを配ったことで知られる。政治家、官僚、さらに彼らが乗ってきた公用車の運転手にまで「心付け」を欠かさなかったという。そんな時代でもあった。

 しかし、受け取った側は引け目を感じる。渡し方を間違えると反発を招き、敵に回りかねない。角栄はその難しさをよく知っていた。

 こんなエピソードがある。派閥の若手議員が女性問題で100万円のカネが必要になり、金策が尽きて電話で角栄に泣きついた。当時の100万円は大金だ。

「わかった」

 角栄は秘書に「300万円」を届けさせた。こんなメモが添えられていた。

「このうち100万円で話をつけろ。そしてあとの100万円で迷惑をかけた周りの人にうまいめしを食わせてやれ。残りの100万円は取っておけ。

 返済は無用」

 この議員が、角栄が死ぬまで忠誠を誓ったことは言うまでもない。

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
田中角栄 北方四島交渉でソ連に「イエスかノーか?」と強気
江沢民、トウ小平 田中角栄が被告になった後も敬意払い訪問
石原慎太郎が信長、角栄、サッチャーらのエゴについて語る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP