ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開幕前広島1位予想のOB3人 マエケン流出がプラスに働いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 エースの前田健太が大リーグのロサンゼルス・ドジャースに移籍し、広島カープは昨シーズンより戦力が劣るはず。誰もがそう思った2016年、カープの成績は絶好調だ。安仁屋宗八、達川光男、北別府学の25年前の優勝(1991年)を知る広島OB3人が、今年の快進撃について語り合った。安仁屋氏は前回優勝当時は投手コーチで達川氏と北別府氏はバッテリーを組んでいた。

──今年の開幕前の順位予想では、お三方とも「広島1位」。これはOBだからでしょうか。それとも本当に快進撃を予想していた?

安仁屋:ご存じの通り、ボクはこの25年間「広島1位」の予想で通してます(笑い)。だからあまり説得力はないかもしれないが、今年こそは本物だと思っていた。

──本当に?

安仁屋:本当に(笑い)! 今年はマエケン(前田健太=昨年15勝、現ドジャース)が抜けたでしょう。それがチームにはプラスに働くと考えていた。マエケンの穴によってチームが一丸となったら、そういうチームは強いですよ。

北別府:ボクもマエケンの15勝を誰が埋めるかということをまず考えましたが、去年のドラフト1、2位で獲得した岡田明丈と横山弘樹ら、穴を埋めるだけの戦力はあると思った。だから、優勝予想には確信がありましたよ。

達川:去年までは田中(広輔)が6、7番を打っていたが、1番を打たせることで菊池(涼介)と丸(佳浩)とくっついて機動力が上がった。これで優勝するなと思いましたよ。黒田(博樹)とジョンソンで貯金10あれば、あとは5割でいいんですから。

安仁屋:新しい力も出てきた。野村祐輔が12勝、岡田もいい。岡田が伸びたのはね、実は二軍の佐々岡コーチのお陰よ。緩いカーブを教えてストライクが取れるようになった。緩いカーブは腕を振らないと投げられないし、相手に的を絞らせないことで、ピッチングの幅が広がったんだね。

●あにや・そうはち/1944年、沖縄県生まれ。1964年に広島入団。広島に在籍した13年間で90勝をあげている。巨人戦に強く(通算34勝)、「巨人キラー」と呼ばれる。引退後は広島の一軍・二軍投手コーチ、二軍監督を歴任し、今年は春季キャンプで臨時投手コーチを務めた。

●たつかわ・みつお/1955年、広島県生まれ。1978年に広島入団。広島黄金時代の正捕手として活躍した。野村克也氏らが得意とした「ささやき戦術(打者にささやきかけ、集中力をそぐ戦術)」の使い手として有名。引退後は広島二軍監督を経て一軍監督を2年務めた。

●きたべっぷ・まなぶ/1957年、鹿児島県生まれ。1976年に広島入団。優れた制球力を武器に広島で213勝をあげる。最多勝2回、最優秀防御率1回のタイトルに輝き、沢村賞を2回受賞。コントロールのよさから「精密機械」と呼ばれた。引退後は広島の一軍投手コーチを務めた。

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
【プロ野球コーチの役割】投手コーチ編 元捕手がなる例も
【プロ野球コーチの役割】バッテリーコーチ編 内容濃い仕事
日本屈指の投手コーチW獲得 ソフトバンク「アリババ補強」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。