ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidアプリに対応したChromebookがAndroidデバイスマネージャーで追跡可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android アプリに対応した Chromebook が Android 端末のリモート管理ツール「Android デバイスマネージャー」に対応した模様です。Chromebook に「Android デバイスマネージャー」アプリをインストールすることはできませんが、一部のユーザーにおいては、「Google Play 開発者サービス」が位置情報の取得に対応したことから「Android デバイスマネジャー」の管理コンソール画面に住所が表示されるようになっています。ただ、現状、位置情報を確認できるのは企業または教育機関のドメインに参加している Chromebook だけらしく、一般のユーザーは「Cyan」の Chromebook 名は表示されるものの、位置情報を取得できず、単に表示されるだけ。住所が表示される場合でもリモートロック・ワイプ、警報音の鳴動が機能するのかどうはまだ分かっていません。Source : 9to5Google

■関連記事
Android Payのアプリに対応店舗を近い順に表示する「Nearby」機能が追加
Vernee、Helio P20や6GB RAMを搭載した「Mars」を11月に発売予定
リオ五輪の公式アプリや公認モバイルゲームをダウンロードできる「オリンピック特集」がオープン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP