ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鏡をみると白い髪の毛がぴょこっと…「白髪」のメカニズムと予防方法を教えて!

  • ガジェット通信を≫


朝、髪を整えながら鏡を見ると、白髪がぴょんっと1本…なんてことが最近多くなってきてはいませんか。

出来れば黒く、健康な髪の毛でありたいものですが、なぜ髪の毛は白くなってしまうのでしょうか。

そこで今回は「白髪」についての知識、白髪を防止する食材などを医師に解説していただきました。

「白髪」は髪の毛がどのような状態になっているのですか?

人間の髪の毛の色は、メラニン色素によって決められます。

黒いメラニン(ユーメラニン)と黄色いメラニン(フェオメラニン)の組み合わせによって髪の毛の色が決まるのですが、このメラニンはメラノサイトと呼ばれる特別な細胞で作られています。

このメラノサイトで、チロシナーゼという酵素の助けを受けてメラニン色素は産生されているのですが、このチロシナーゼがうまく機能せず、メラニン色素が減ってしまったり、できなくなってしまうと色素によって着色されない髪の毛が生えてきてしまうことになります。これが白髪です。

.髪の毛が白くなる原因について教えてください。

髪の毛が白くなってしまう原因

・老化によってチロシナーゼが減ってしまうこと

・食生活の乱れ

・生活リズムが不規則であったり、慢性的な寝不足であること

・ストレスによって自律神経のバランスが乱れてしまっていること

・甲状腺や胃腸の病気、あるいは服用している薬剤の副作用によるもの。

白髪を予防するために摂取するとよい栄養素・食材はありますか?

白髪を予防するためには、様々な栄養素をまんべんなく含む、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。

特にミネラル類は不足するとダイレクトにチロシナーゼの働きに影響を与えると考えられています。

また、髪の毛自体はたんぱく質が主な成分ということになりますので、たんぱく質をしっかり摂取することも若々しい髪の毛のために重要なポイントになります。

昆布やわかめなどの海藻類はヨードを含み、メラノサイトの働きを活発にするほか、ミネラルの中でも大豆やそば、ゴボウなどに豊富に含まれる銅は、チロシナーゼを活性化させるのに重要と考えられます。

それから、メラニンをつくる原料として知られるチロシンは、チーズなどの乳製品や、バナナ、アボカドなどに多く含まれるそうですよ。

白髪を予防するために気をつけた方が良い生活習慣はありますか?

白髪を予防するためには、やはり不規則な生活習慣や、極端なダイエットなどを避け、しっかり夜間は睡眠をとることです。

また、ストレスは白髪の促進因子になってしまいますので、できるだけため込まないように、適度に発散する必要があります。

おしゃべりや運動など、どんなことでも構わないので、自分なりにストレスが解消できる方法を探しておくことはとても大切なことですね。

医師からのアドバイス

白髪は、特に若い方にとっては髪の毛の中に見つけるとショックなものですが、もちろん病気ではありませんし、生活習慣などに思い当たるところがあれば、今後改善する可能性も十分あるものです。

悩みすぎることがストレスになる場合もありますから、できるだけリラックスして対処していきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

カルテも今やITの時代へ。「電子カルテ」の実態に迫ってみよう。
将来医療業界で働きたいなら覚えておきたい。「医療従事者」と「コ・メディカル」の違いを教えて!
あなたに必要な色は何色? 色彩の力で健やかな睡眠を手に入れよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP