ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロが選ぶ! この夏“最怖”のお化け屋敷ベスト3

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プロが選ぶ! この夏“最怖”のお化け屋敷ベスト3
J-WAVE日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。8月7日のオンエアでは、夏にピッタリ「プロが選ぶ最怖のお化け屋敷」をテーマにお送りしました。

どんなに暑くても涼しくなれるといえば、お化け屋敷ですよね!? 今年の夏休みも人気のお化け屋敷がたくさん登場しています。そこで今回は、“お化け屋敷プロデューサー”の五味弘文さんにお話を伺いまいした。これまで数々のお化け屋敷を手がけてきた五味さんにとって、お化け屋敷の魅力とは?

「その魅力はなんといっても、『多くのお客様と一緒に一つの恐い体験をする』というところにあります。仲間と一緒に行って、自分を解放して思いっきり叫ぶ。で、その叫び声をお互いに共有して出たあとに話せます」(五味さん)

お化け屋敷といえば、遊園地などテーマパークの中にあるイメージですが、最近は夏になると、“突然、街の中にできる”という傾向があるそうです。ということで、今回は五味さんにこの夏オススメのお化け屋敷ベスト3を選んでいただきました。

■3位 栄・矢場町お化け屋敷2016「だるまさんがころんだ」
街の交差点に作られたお化け屋敷で、テーマは誰もが子どもの頃、一度はやったことのある遊び「だるまさんがころんだ」。「『だるまさんがころんだ』にまつわって亡くなった一人の女性の霊が夜な夜な現れます」(五味さん)。このお化け屋敷は、「ミッション」があり「だるまさんがころんだ」と聞こえてきたら絶対に動いてはいけません。もし動いてしまったら、大変なことになるそう…。身近なテーマだけにその怖さも倍増しそうですね。

■2位 富士急ハイランド「絶凶・戦慄迷宮」
富士急ハイランドのお化け屋敷といえば、「戦慄迷宮」ですよね。その「戦慄迷宮」が「絶凶・戦慄迷宮」としてさらにパワーアップ。ますます恐ろしいお化け屋敷として登場しました。「総距離は人によって違いますが、だいたい1時間くらい。僕もけっこう速く歩く方なのですが、それでも30、40分かかってしまいます」(五味さん)。10分くらいで終わるお化け屋敷と違って、すごく長く、恐怖と不安が続きます。恐ろしい状況の中で、仕掛けが動いたり、キャストのお化けが現れたりすることで、その恐怖が一気に爆発する…というのがこの「絶凶・戦慄迷宮」最大の魅力なのだそう。ほかのお化け屋敷では体験できない恐怖が楽しめますよ!

■1位 東京ドームシティ アトラクションズ「赤ん坊地獄」
このお化け屋敷は、日本初のミッション型お化け屋敷として五味さんが手がけた、「赤ん坊地獄」の20年ぶりの続編です。20年前の赤ん坊が20歳に成長し、赤ちゃんを生んだという設定。特徴はなんといっても「赤ちゃんを抱きながら歩く」こと。恐ろしい霊界の化け物などから赤ちゃんを救い出すのですが、この赤ちゃんにも仕掛けがあるそう…。想像しただけでもゾッとするアトラクションですね…。

ベスト3と順位をつけていただきましたが、苦手な人にとってはどれも1位級の怖さです(笑)。この“最怖お化け屋敷ベスト3”を全制覇してみたい! という勇気のある方…いますか?

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。