ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ROLLY×石井一孝 “QUEEN愛”語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜21時からの番組「THE MUSIC SPECIAL」(ナビゲーター:サッシャ)。8月6日のオンエアでは、QUEENをこよなく愛するギタリストのROLLYさんと、ミュージカル俳優でシンガーの石井一孝さんが対談しました。

9月21日から3日間の来日公演を行うQUEEN。1973年にデビューし、アルバムとシングルの売上げは世界でなんと3億枚以上(!)という伝説のロックバンドです。1991年にリードヴォーカルのフレディ・マーキュリーが亡くなった現在も、ブライアン・メイとロジャー・テイラーを中心に、ヴォーカルにアダム・ランバートを迎えて活動を続けています。

ROLLYさんと石井さんの出会いは、石井さんが企画したQUEENのトリュビュート・ライブへ、ROLLYさんの出演を依頼したとき。

石井:まったく会ったことがないのに、出てください! って言ったら打ち合せをしてくださって。
ROLLY: QUEENへの(愛情の)熱量がすごくて。顔面の3センチくらいのところで、語られたような…(笑)。

そんな2人が考えるQUEENの魅力とは…

ROLLY:フレディ・マーキュリーって、普通のロックシンガーと圧倒的に違うのは、演劇的っていうかバレエの要素がすごく入ってるじゃないですか。
石井:オペラの要素とね。
ROLLY:とにかく楽しませてくれますよね。出て来た瞬間から目を話せない。
石井:まず出で立ちが変だからね(笑)。
ROLLY:ものすごく違和感を感じるじゃないですか。
石井:モジモジくん(みたいなタイツの衣装)とかね。
ROLLY:でも僕、初期の美しい感じも好きなんです。「ライアー」の黒いサテンの衣装とか。果てしなくスタイルいいですよね。ものすごくかっこいいんですが、前髪がすごく短いのと、普通の白人ではないエキゾチックな顔立ちに、すごく違和感を感じて。それに歌の上手さがあまりにも圧倒的。
石井:ほかにフレディみたいなタイプって、まったく思いつかないですからね。
ROLLY:とにかく勝ち誇った感じがいいですよね。伝説のチャンピオンそのものなんです。
石井:「♪ we are the champions」のところなんて、まさに「俺はチャンピオンだ」って言ってる感じだもんね。
ROLLY:でもそれが、ちょっと笑える感じの人だから、人間的な魅力があるんですよね。
石井:ただかっこよくならない着地点が愛らしくって、それが今でも世界中で愛されてる理由なのかもね。究極な美系なお兄さんだったら、男はちょっと遠のいちゃう。男が(QUEENを)好きなのは、あの人に隙があるからじゃないかな。色物なのか正当派なのかどっち、みたいな。
ROLLY:そのギリギリのところが魅力なんですよね。

その後も、ブライアン・メイの独特のギターサウンドや、元ベーシストのジョン・ディーコンのベース、ロジャー・テイラーのドラムや作曲センスなど…2人の話は止まりません。さらにはスタジオセッションも披露していただきました!

ナビゲーターのサッシャは「そんなQUEENですが、そもそもUKでは鳴かず飛ばずだった頃にまず日本で人気が出て、逆輸入的にUKでヒットし、世界的なバンドに成長していったんですよね」と付け加えました。そして「これはQUEENが素晴らしいバンドであったと同時に、日本の音楽ファンの耳が非常に優れていたということですね」と話します。

QUEENのような伝説になるバンドが、今後も日本で発掘されることに期待です!

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP