体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

史上最大スケールでリアルに描く、オリジナル脚本の完全新作“ゴジラ”

1608072

前作の日本版から12年ぶりに完全新作のオリジナル脚本で製作された映画『シン・ゴジラ』が公開!

脚本・総監督を務めるのは、人気アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズ生みの親である庵野秀明。「今の日本に初めてゴジラが現れたら、どうなるのか?」をテーマに、ゴジラに直面した日本人が直面する恐怖と絶望、そこから見出す希望と勇気を圧倒的リアリティのもと描く。
史上最大となる体長118.5メートルで描かれる、想像超える最強の完全生物・ゴジラ。未曾有の恐怖を前にした、日本人の行方とは? 公開は、7月29日から。

シン・ゴジラ
総監督:庵野秀明
監督:樋口真嗣
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ ほか
(2016年/日本)
7月29日(金)公開
©2016 TOHO CO.,LTD.
http://www.shin-godzilla.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。