ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アリオンとキザシを見たら覆面パトカーと思え!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

覆面パトカーには捜査用と交通取締り用があります。このうち、街中を流しているのが捜査用の覆面パトカー。おもに刑事が捜査に使っています。捜査用の覆面パトカーでよく見られるのは2つの車種。街中で「アリオン」と「キザシ」を見たらほぼ覆面パトカーといわれています。

アリオンとキザシはほぼ覆面パトカー

捜査用の覆面パトカーは、おもに刑事が捜査に使うもの。現在、よく見られる車種はトヨタの「アリオン」とスズキの「キザシ」です。アリオンもキザシも不人気な車両ですが、警察車両として大量に納入されています。

このため、街中で見かけるアリオンとキザシはほぼ覆面パトカーだといわれています。とくにキザシは超稀少車種のため、日本で走っているほとんどが覆面パトカーといわれるほどです。

このように、捜査用の覆面パトカーは車種を覚えておけば、一発で判別できるのです。そのほかの特徴としては、刑事は2人組みで行動するため、車内に2人のいかつい男性が乗車していることも挙げられます。

捜査用の覆面パトカーの赤色灯は手動

捜査用の覆面パトカーは、赤色灯は警官が窓から手を出して屋根に貼り付けるタイプ。刑事ドラマで見るように、窓から赤色灯手動で乗せるのです。なお、赤色灯を車内のダッシュボードに置く場合もあります。

このため、捜査用の覆面パトカーの天井には赤色灯が出てくるフタはありません。最近は少なくなっていますが、交通取締り用の覆面パトカーと同様にユーロアンテナが付いていることがあります。

また、各県警では秘匿性を高めるために覆面パトカーのエンブレムを削るなどして車種を隠しています。これがかえって、覆面パトカーを目立たせてしまっているようです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP