ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天皇の「お言葉」 宮内庁記者クラブが大混乱の舞台裏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 天皇が「生前退位」の意向を示したという衝撃の報道から2週間後の7月29日、NHKは「第2のスクープ」を放った。

〈天皇陛下 8月にもお気持ち表明へ〉
〈宮内庁はテレビの中継などを通じて、広く国民に語りかける形を考えている〉

 それに対して、風岡典之・宮内庁長官は「何も決まっていない」と会見し、「意向報道」の時と同様に報道内容を認めようとはしなかったが、一方で「明確な否定」もしなかった。

 宮内庁は、常日頃から皇室関連報道を細かくチェックし、事実と異なると判断すれば当該メディアに厳重抗議し、その内容を即座に同庁ホームページで公表する。しかし、今回のNHKの「天皇会見」報道に、宮内庁の抗議はなかった。そのため「陛下がお気持ちを語られるのは間違いない」(全国紙宮内庁担当記者)という前提のもとで各メディアはウラ取りに奔走した。

「各社それぞれの宮内庁人脈に取材する中でその日が『8月8日』であることが判明。場所は、皇居宮殿の『石橋の間』。

 天皇陛下は『忘れてはならない4つの日』として、6月23日の沖縄戦終結の日、広島・長崎への原爆投下の日(8月6日・9日)と終戦記念日(8月15日)を大切にされていることから、それらの日を避けたようです」(同前)

 しかし、会見日と場所以外の情報は錯綜した。

「陛下が10分程度のお言葉を事前に収録し、録画を流すという説、生放送でお気持ちを述べられるという説が広まった。発表の時間についても『おそらく午後』という情報しか出てこない。NHKは午後7時のニュースにギリギリ間に合う時間帯での情報解禁を希望し、民放は夕方の時間帯を求めたようだ」(同前)

「公式には何も決まっていない」はずの会見を巡って現場がこれほど混乱したのは、今回の天皇会見が前代未聞の出来事だったからに他ならない。

「通常、お言葉は宮内庁の事務方が原案を作成し、それに陛下が目を通す。その後、宮内庁長官らのチェックを経た上で会見の前に宮内庁記者クラブに文書配布される。

 しかし、今回は事前に文書の形で『お言葉』が配られるのかもなかなか決まらなかった。我々宮内庁番が戸惑ったのは仕方ない。国民に与える影響の大きさの反面、陛下が何を話されるのか最後まで分からないままだったという状況を“平成の玉音放送”と表現する関係者もいました」(別の宮内庁担当記者)

 メディアの右往左往の一方で、宮内庁と官邸の間の「肚の探り合い」も繰り広げられた。

「様々な報道があることは承知しているが、事柄の性格上、コメントは差し控えたい」

 安倍晋三・首相は黙して語らず、菅義偉・官房長官も「コメントは控えたい」と繰り返した。

 しかし静観は表向きで、水面下では「陛下は何を語られるのか」は内閣改造の真っただ中でも官邸の重大関心事となっていた。官邸関係者は興味深い言い方をした。

「官邸の事務方トップである杉田和博・官房副長官と風岡宮内庁長官の間で、互いにマイナスとなり得る要素を和らげるなど、水面下のすりあわせが行なわれたようだ」

 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏が付け加える。

「憲法では〈天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ〉と定められています。実際には国事行為に限らず、天皇に関しては内閣が全面的に責任を負うものと考えられている。そのため内閣は事前に文言を確認すべきと考えるでしょう」

 一般的に会見は本人の考えをストレートに伝える場だが、天皇会見においては必ずしもそうはならないということである。

撮影■日本雑誌協会代表取材

※週刊ポスト2016年8月19・26日号

【関連記事】
半蔵門使用は天皇、皇后、皇太子一家のみ 他の皇族は乾門へ
宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円
天皇陛下 震災以来の激務で「摂政の宮置く構え」との見方も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP