ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

参院選の熱狂を歩く【後編】 田中康夫、小川敏夫、SEALDs

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アベノミクスや憲法改正の是非が問われたはずの2016参院選は、蓋を開けてみれば、過去4番目に低い投票率(54.70%)に終わった。与党からみれば順当、野党からみれば健闘──。そう総括された選挙だったが、政治家人生を賭した候補者からみれば生きるか死ぬかの戦い。熱く、熾烈な1日の裏側に、評論家・古谷経衡氏が足を踏み入れた(前編から続く)。

 * * *
 参院選の投開票日であった7月10日午後11時。全国各地の選挙区でほぼ当選者が出揃う中、最後まで当選者が決まらなかったのが東京選挙区の6議席目であった。

 まさにこの日の深夜、元長野県知事でおおさか維新から立候補した田中康夫と、「国会の鬼検事」として知られ4選目を狙う民進党・小川敏夫の死闘が繰り広げられていたのである。

 小川は、今次参院選でのっけから苦戦を強いられていた。自民党新人の朝日健太郎、おおさか維新の田中に代わる代わる攻め立てられ、苦戦が続いた。猫の手も借りたい小川陣営は、学生団体「SEALDs」からの支援を仰いだが、劣勢の戦局を打開するまでには至らない。そうこうするうちにライバルであった自民党の朝日の早々の当確。いよいよ小川陣営は窮する。

 首都・東京での民進党の2議席目の獲得は、是が非でも達成しなければならない民進党の至上命題であった。7月10日の深夜、海江田万里、松原仁、長妻昭、長島明久、川田龍平ら民進党幹部らが続々と結集し、歌舞伎町のラブホテル街のすぐわきにある選対本部の熱気は最高潮に達する。

 午前0時10分、まだ当確は出ない。開票所の開票進捗状況にあっては、まだ田中逆転もありうる。神奈川選挙区と併せて、全国の選挙区で最後まで議席が決まらなかったのが東京選挙区である。小川の支援者と思われる人々が、備え付けのパイプ椅子に所狭しと座り、階段や玄関にまで人があふれている。

 午前0時半、比例区で社民党に1議席が入り、福島瑞穂候補の当確が出る。野党共闘候補の当選が決まると大きな拍手が出るのに、社民党の場合にはない。野党共闘でも微妙な温度差と不協和音。

 支援者が、凝視するように目を血走らせて40インチの液晶テレビを見つめ続けた午前0時40分、NHKで小川候補の当確報道。決して広くない選対本部にすし詰めになった100人近くの支援者は、瞬間総立ちになった。飛び上がるもの、抱き合うもの、泣き出し嗚咽を漏らすもの。終始劣勢での戦いを強いられた小川陣営の喜びひとしおである。

 緑色のポロシャツを着た若い女学生は、小川選対に協力した「SEALDs」所属の女子ボランティアの人々である。当確の瞬間、彼女たちはわっー、といって泣き出した。小川万歳、当選万歳の歓呼三声が深夜の歌舞伎町に高らかにこだました。

 私は民進党や小川候補のオピニオンに対し、賛同できない部分のほうがむしろ多い。しかし、当選の瞬間、すべての労苦が報われたその刹那に、100人の人々が狭い事務所で絶叫したその歓喜の咆哮に、私は思わず胸が詰まる思いがした。日付が変わって7月11日、民進党最後の反転攻勢が結実したその瞬間であった。この熱狂を、私は生涯忘れないだろう。

 一方、「東京選挙区第6位」で当選ラインにいると豪語し、「選挙フェス」で若者から支持を得たと自称し、山本太郎議員の熱心な応援を受けた三宅洋平選対を覗いたが、ふたを開ければ当落線上にも届かず、まさにお通夜状態であった。

 当選祈願の短冊に「成し得たり大調和の国際政治」と三宅直筆の願掛けがあった。正直、意味が分からなかった。三宅選対ビルの前には、なんの趣向か人力車が公道に配置され、そこで開票速報が中継され、路上にヒッピー風の三宅支持者たち数十人がたむろしていた。

 全ての開票が終わった午前1時、三宅選対の前の人力車は、ひっそりと近場のコインパーキングの軽トラックの荷台の上に格納されていた。落選した選対の前から人はすっかり消えていた。

「我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず」。熱狂の陰には、必ず絶望がある。

●ふるや・つねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『愛国ってなんだ 民族・郷土・戦争』『左翼も右翼もウソばかり』。近著に『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』。

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
参院選の熱狂を歩く【前編】 共産党、田中康夫VS小川敏夫
民進党と共産党の選挙協力で衆参W選に自民党の勝算立たず
大健闘の共産党 参院選比例代表目標上回る900万票も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP