ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ゴジラ対エヴァンゲリオン」初号機とゴジラが融合し、咆哮姿でフィギュア化!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゴジラ,エヴァンゲリオン

「ゴジラ対エヴァンゲリオン 東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態」

アニメ「エヴァンゲリオン」の初号機がゴジラと融合したイメージをフィギュア化した「ゴジラ対エヴァンゲリオン 東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態」が発売される。

アニメ「エヴァンゲリオン」の生みの親・庵野秀明が、ゴジラシリーズ最新作「シン・ゴジラ」の監督を務めることから始動したコラボレーション企画「ゴジラ対エヴァンゲリオン」。

本企画から、「もしエヴァンゲリオン初号機にG細胞(ゴジラの細胞)を投入したら?」というオリジナル設定に基づき、全高約38cmの巨大サイズでフィギュアを製作した。

初号機のフォルムを基本としながらも、全身を覆う岩のような皮膚や、背中から生えた大きな背びれ、本体から伸びる長い尻尾など、随所にゴジラの要素が融合している。

カラーリングは、初号機のテーマカラーである紫と緑の配色を再現。口を大きく開き、鳴き声を轟かせながら相手を威嚇するようなポーズとなっている。

価格は3万2,400円(税込)。現在予約受付中で2017年1月発送予定。バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」のほか、エヴァンゲリオン公式ストア「EVANGELION STORE」で販売している。

TM&(C)TOHO CO., LTD. (C)カラー
ゴジラ,エヴァンゲリオン

初号機とゴジラが融合
ゴジラ,エヴァンゲリオン

全身を覆う岩のような皮膚や、背中から生えた大きな背びれ、本体から伸びる長い尻尾などのゴジラ要素
ゴジラ,エヴァンゲリオン

口を大きく開き、鳴き声を轟かせながら相手を威嚇するようなポーズ

▼リンク
「ゴジラ対エヴァンゲリオン 東宝30cmシリーズ エヴァンゲリオン初号機“G”覚醒形態」
http://p-bandai.jp/item/item-1000105958/

ゴジラ対エヴァンゲリオン特設サイト – シン・ゴジラ
http://shin-godzilla.jp/gvse/

映画「シン・ゴジラ」公式サイト
http://shin-godzilla.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。