ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏にシュワシュワがウレシイ!自宅で自家製サイダーをお手軽に醸造できる「ALCHEMA」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏本番!こう暑いと、シュワシュワした炭酸飲料のような飲み物がおいしいもの。

今回紹介する「ALCHEMA」は誰でも気軽に“自家製サイダー”がつくれる家庭用醸造器だ。醸造器本体と専用のアプリが連動して動作する。

フレッシュな果物をつかって、好きなフレーバーのサイダーを醸造でき、しかもサイダーだけでなく、ワインなどのアルコールを醸造することまでできるという。砂糖をアルコールへと分解する“自然発酵”のプロセスを経て、ドリンクが仕上がる。

・簡単3ステップの手順

つくり方の手順はこうだ。

まず、アプリからドリンクのレシピを探してチョイスする。オンラインレシピのデータベースには、必要な材料、果物、砂糖、水の分量などが記載されている。

次に、アプリの指示に従って、規定量の必要な材料を用意。本体部分には計量器が内蔵されているので、材料の重さを量りながら本体へ投入できる。

最後に、レシピに適合する酵母を加える。酵母は「ALCHEMA」のサイトで買ってもよいし、近所のスーパーなどで入手してもよい。

・出来上がるとスマホにお知らせ

あとは放置して待つだけ。醸造が終わると、ユーザーのスマートフォンにアラートを送ってお知らせしてくれる。

果物やドリンクの種類にもよるが、サイダーなら1~2週間、はつみつ酒なら1週間以下、ワインならワイン用ブドウを使い、最低16週間を要する。

自然発酵にはどうしても時間は必要だが、材料を入れて放置しておくだけという手軽さだ。

・医療レベルのLEDのUVライトで除菌

自家製発酵をしようと思ったときに、よくある失敗の1つが、汚染を引き起こし、味が悪くなること。「ALCHEMA」には医療レベルのUV-C LEDライトが搭載されていて、発酵プロセスに入る前に、本体コンテナを除菌する。

気圧センサーやガス放出バルブを用いて、良好な発酵状態を保ちながら、発酵プロセスを常にモニター。アプリを通じてチェックできる。

おかげで不用意に本体のフタを開けずに済み、汚染を防止することにもつながる。

・Kickstarterで出資募集中

ホームパーティにもピッタリな「ALCHEMA」は、シュワシュワドリンク好きなら試してみたいところ。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで9月9日まで出資を募集していて、目標金額8万ドル(約800万円)の2倍超となる18万ドル(約1800万円)以上の資金を集める人気ぶりだ。

ただし、日本では公的機関から許可を得ずにアルコール醸造することは禁止されているのでご注意を。

ALCHEMA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP