ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

驚愕のアンチエイジング効果! 話題の“コーヒーベリー”に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハワイからやってきたスーパーフード、それが“コーヒーベリー”です。なんとあのアサイーの15倍もの抗酸化物質が含まれていると言われるスーパーフルーツ。新しもの好きで、キレイになりたい女子なら、これは試してみなくちゃですよね。

“コーヒーベリー”ってどんなものなの?

コーヒーベリーはコーヒーの実の皮と果肉のことです。私たちが普段飲んでいるコーヒーは実の中に含まれる種子を焙煎したものですが、本来コーヒーの実はブルーベリーのようなキレイな赤色をしているのです。コーヒー豆を収穫する時、コーヒーの実の皮や果肉は今まで捨てられていましたが、その部分にこそ、驚異の抗酸化力があることが分かってきたのです。アントシアニンだけでなく、脂肪燃焼効果のあるクロロゲン酸、シミやシワを防止するフェルラ酸、膀胱炎などに効果的なキナ酸など多数のポリフェノールを含み、ビタミンも豊富。抗酸化成分はアサイーの15倍ほどと言われています。

“コーヒーベリー”のアンチエイジング効果

コーヒーベリーはポリフェノールの固まりのようなフルーツなので、そのエイジング効果には目を見張るものがあります。活性酸素は体を細菌やウイルスから守るために必要ですが、必要以上に増えてしまうと健康な細胞まで攻撃してしまい、体が酸化するもとに。細胞が酸化することで、シミやシワができやすくなり、老化が進んでしまうのです。抗酸化成分は、活性酸素を除去して酸化を食い止める働きのある成分なのです。

“コーヒーベリー”はどんなふうに食べる?

抗酸化力の高いポリフェノールも、その持続時間は2~3時間程度。一度に大量のポリフェノールを取るのではなく、こまめに摂取するのがおススメです。ポリフェノールには血糖値を下げて、糖の吸収を穏やかにする働きもあるので、食後に摂るのが効果的です。現在、日本で購入できるのは、ジュースや栄養ドリンクに加工されたコーヒーベリーです。一部のコンビニなどでも取り扱いが始まって、手に入りやすくなってきました。コーヒーベリーもコーヒーなので、カフェインが心配ですが、コーヒーほどの含有量はないので、カフェイン中毒の心配はなさそうです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP