ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パリジェンヌは自由自在。いますぐできるバンダナアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パリには、流行に左右されず、自分のスタイルを貫いている女性ばかり。

今年トレンドのバンダナやスカーフのファッション小物だって、パリジェンヌにとっては以前から、オリジナリティを表現するアイテムとして愛用されていました。

今回は、参考にしたいパリジェンヌのバンダナ・スカーフアレンジをご紹介します。

帽子風にアレンジ

©Imaxtree

バンダナ・スカーフは、首や頭に巻くのが一般的。三角巾のようにして、頭を覆う使い方は斬新です。

モノトーンのコーディネートに、アクセントカラーになるバンダナハットを合わせれば、一瞬でファッショ二スタに。リボンのような結び目が、存在感を発揮しています。

光沢感のあるスカーフでレトロに

©Imaxtree

光沢感のあるスカーフは、身に纏うだけで、コーディネートをエレガントかつレトロに格上げ。

バンダナよりも大判なので、ターバンのように頭へ巻いたら結び目を見せるのがポイントです。顔回り全体が華やかになるので、ナチュラルメイクとの相性抜群です。

お団子にはシュシュアレンジ

© www.deavita.com

ボリューミーなお団子は涼しげで、夏にぴったりなヘアスタイル。大きいお団子の根元に、シュシュをする感覚でバンダナを巻くのも個性的。

デニムなどのカジュアルスタイルにはもちろん、浴衣など季節感のあるものと合わせてもスタイリッシュです。

バンダナ×無造作ヘアでリラックスムード

© www.deavita.com

アレンジしづらいショートヘアにもおすすめなのが、バンダナ×無造作ヘア

乾かしっぱなしのような無造作ヘアは、ムースやワックスでくしゅくしゅするだけで簡単に作れるので時間もかかりません。

ショートヘアだと首や顔回りに目がいきやすいので、ネックレスやピアスなどのアクセサリーまで抜かりなく。

品の良さを演出するBCBGスタイル

© L’Express

パリの上流階級的な、シックで趣味の良いファッションやライフスタイルの人を指すフランス語「BCBG」。

そんな大人エレガントスタイルには、スカーフを品よく、フェミニンに巻くのがポイント。三角に折ったストールを、三角の部分が前面に来るように巻いて、2周目は手前でクロスさせて結ぶだけなので簡単。

それぞれのオリジナリティが発揮されているバンダナ・スカーフアレンジ。固定概念にとらわれないで、自分の好きなようにお洒落をするパリジェンヌの姿は素敵です。

image via Kiev.Victor / Shutterstock.com

■ あわせて読みたい

狙った彼に貢いでない? 恋の深層心理がわかる #心理テスト
プロが本気で選んだ、素で勝負できるようになるコスメ
そばかすかわいい。眉毛非対称かわいい。いいね! と思えるメイク
水色のネイルに何を加える? 陥りやすい美容トラブルが判明 #心理テスト
大人の背中ブツブツは乾燥が原因かも? 水着になる前の緊急ケア
高い鼻。引き締まった頬。ぐっと小顔になれるコントアーメイク
メイクは赤リップだけ。パリジェンヌのセンスはゆるさから生まれる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP