ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

競泳・瀬戸大也「公介の隣を泳いで2人で日の丸掲げます」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リオデジャネイロ五輪がついに開幕した。メダルラッシュが期待される競泳のなかで、特に注目なのがバタフライ・個人メドレーに出場する瀬戸大也(22才)。萩野公介のライバルでもある瀬戸が意気込みを語る。

「ぼくのライバルは萩野公介。同い年のライバルがいたからこそ、切磋琢磨して共に強くなれました。4年前のロンドン五輪は、ぼくだけ出場できず、悔しさに泣いて…唯一公介が銅メダルを獲ったレースだけ日本で見ました。でも、この悔しさをバネに、強く成長できたと思う。五輪は子供の頃からの夢。ぼくは初出場だから、怖いものなしで勝負に挑める。400m個人メドレーの決勝では、公介の隣を泳いで、2人で日の丸を掲げます!」

【プロフィール】
瀬戸大也/せと・だいや●1994年5月24日生まれ、埼玉県出身。5才から水泳を始め、親友であり同学年のライバル萩野公介と共に、全国大会で数々の優勝記録を樹立。世界選手権男子400m個人メドレーで優勝し、日本人初の2連覇を達成。ポジティブでメンタルが強く、ここいちばんの大勝負に強い。174cm、73kg。

※女性セブン2016年8月18・25日号

【関連記事】
世界水泳で活躍 瀬戸大也と萩野公介は恋愛相談するほどの仲
リオ五輪水泳代表選手にまつわるあまり重要ではない情報
リオ五輪水泳 男子400m個人メドレーで日本メダル2枚も?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP