ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉田照美が還暦過ぎて思う「ラジオの自分」との距離感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて吉田照美(65)もパーソナリティを務めた人気のラジオ深夜放送『セイ!ヤング』(文化放送)が1回限りの復活、テレビ番組として放送される(BS日テレ、9月25日21時~)。

 吉田が文化放送を退社してフリーになったのは1985年。「おバカ企画で笑わせる」という方針は昔も今も変わらないが、実は5年前を境に大きく変わったことがある。

「東日本大震災のとき、政治やジャーナリズムに不信を抱いたんです。原発事故に関してどれだけの真実が語られ、報道されているのか、と。それ以来、おかしいと思ったことはメッセージとしてリスナーに伝えることが自分の使命だと考えるようになりました」

 当時担当していた朝の番組『吉田照美 ソコダイジナトコ』は報道色が強かったこともあり、吉田は番組内で政府や東京電力を批判するようになった。今の番組でも改憲反対の立場から安倍政権を批判している。

「テレビの視聴者には出演者のあら探しをしようという空気があるので、同じことをテレビでいったら許されないでしょう。

 でも、ラジオのリスナーには喋り手を応援する気持ちが強いんですね。僕自身、還暦過ぎて、いいんじゃないの、政治のことを喋ってもと開き直るようになった。その意味で、“素の自分”と“ラジオの自分”との距離は縮まったのかもしれません」

 目の前の吉田は年齢よりも若々しいが、すでに65歳。同世代の多くは定年退職し、「終わった人」の悲哀を味わっている。吉田は自分の「仕事人生の仕舞い方」をどう考えているのか?

「喋らせてもらえる場がある限り、喋らせてもらおうと思っています。今はネットでも喋る場がありますから、既存のラジオ局から『もう要らない』といわれたら、そっちを探すかもしれない。

 今のラジオはかつての深夜放送のような社会的ブームになっていませんけど、ツイッターなどとの親和性は高いし、やり方次第でまだまだ可能性がありますよ。

 先日、長年日本のラジオを支えてきた永六輔さんが亡くなったのは残念で、悲しいことですけど、いつかまたラジオスターが何人か出てくればラジオは盛り上がると思います」

 ラジオと並び、吉田が力を入れているのが油絵だ。20年ほど前、ビートたけしに「逃げ場を持て」とアドバイスされ、10年前から、子供の頃から好きだった絵を描き始めた。

 じきに個展を開き、展覧会で入賞し、作品が売れるようになった。今は自宅のすぐ近くに借りている古いアパートをアトリエに使い、そこに毎日通い、絵筆を握っている。完全に趣味の域を越えている。

 取材の最後、吉田は座右の銘として、アンパンマンの生みの親・やなせたかしの言葉をあげた。

〈たとえ倒れても、夢の方向に向かって倒れたい〉

 人生の最期までやりたいことをやっていたい。羨ましい生き方ではないか。(敬称略)

◆よしだ・てるみ/1951年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。1974年文化放送入社、1985年フリーに。1980年代は『夕やけニャンニャン』『ぴったしカン・カン』『11PM』などテレビ番組の司会でも活躍。現在は文化放送で『吉田照美 飛べ! サルバドール』(月~金15時30分~)、『伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛』(土15時~)を担当。

取材・文■鈴木洋史 撮影■太田真三

※週刊ポスト2016年8月12日号

【関連記事】
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP