ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

参院選の熱狂を歩く【前編】 共産党、田中康夫VS小川敏夫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アベノミクスや憲法改正の是非が問われたはずの2016参院選は、蓋を開けてみれば、過去4番目に低い投票率(54.70%)に終わった。与党からみれば順当、野党からみれば健闘──。そう総括された選挙だったが、政治家人生を賭した候補者からみれば生きるか死ぬかの戦い。熱く、熾烈な1日の裏側に、評論家・古谷経衡氏が足を踏み入れた。

 * * *
 梅雨の間隙を縫うように蒸す7月10日の夜、参院選の投開票日であった。私は熱狂を求め、代々木にある日本共産党本部に向かった。下馬評では共産党は旭日昇天の勢いで公明党に迫る、との観測があった。前回参院選を凌ぐ大躍進と野党共闘。今夏参院選挙の趨勢は共産党が握ると予想された。

 が、午後8時の開票と同時に党本部では微妙な空気が漂う。共産党は改選3議席を6議席に倍増させ、東京選挙区でも前回に引き続き勝利した(山添拓候補)が、複数選挙区や比例で一歩及ばず。

「もっと伸びると思っていたのに」という党幹部の話し声が廊下から響いてくる。選挙は生き物だ。事前に伸びる、当選するとされた党や候補が、意外に苦戦することはままある。共産党本部で熱狂を眼前にするつもりがあてが外れた。

 そうこうするうちに、前回より1議席定数が増えて6議席になった東京選挙区で、次々と当選者が決まっていく。

 開票と同時に民進党の蓮舫、自民党の中川雅治、公明党の竹谷とし子に次々と当確が出る。自民党新人の朝日健太郎にも順次当確が出た。7月10日午後11時、全国各地の選挙区でほぼ当選者が出揃う中、最後まで当選者が決まらなかったのが東京選挙区の6議席目であった。

 まさにこの日の深夜、元長野県知事でおおさか維新から立候補した田中康夫と、「国会の鬼検事」として知られ4選目を狙う民進党・小川敏夫の死闘が繰り広げられていたのである。

 私はタクシーに飛び乗り、まず六本木にある田中選対に向かう。今次参院選挙は静かな戦いであった。舛添前都知事の辞職に伴う東京都知事選挙の話題が、参院選挙中にもかかわらず広く耳目を集めた。マスメディアの関心は小池vs増田の「保保分裂選挙」に終始していた。一言でいえば今夏の参院選は地味の選挙である。

 しかし、当選すれば議員様、落選すればただの人。私はその明暗のドラマを、東京選挙区の最後の6議席目に求めたのだ。タクシーのメーターと比例するように、NHKの開票速報は更新され、当初田中優勢だったはずだが小川との差がどんどんと開いていく。

 午後11時20分、田中選対は報道陣が詰めかける中、奇妙な静寂に包まれていた。本人不在で少人数のスタッフがホワイトボードに10分単位で得票を書き込んでいるが、いかんせん厳しい。6議席目は小川の可能性濃厚と判断した私は、ためらうことなく氏の歌舞伎町にある選対に向かった。

 時刻は午後11時45分。日付が変わろうとしている真夜中の小川選対は、異様な熱気で包み込まれていた(後編に続く)。

●ふるや・つねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『愛国ってなんだ 民族・郷土・戦争』『左翼も右翼もウソばかり』。近著に『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』。

※SAPIO2016年9月号

【関連記事】
夏の参院選 愛知は河村たかし・名古屋市長の動向が鍵を握る
自民党北海道連幹部「衆参ダブル選挙だったら全滅だった」
大健闘の共産党 参院選比例代表目標上回る900万票も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。