ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気観光地で食べるべきご当地ひんやりスイーツ5選【東海】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

週末には多くの人が訪れる東海の人気観光地。

町歩きしていて暑い時に食べたくなるのがかき氷やソフトクリームなどの冷たいスイーツですよね。

そこで今回は、人気観光地で取材したときに見つけた、ご当地のかき氷やソフトクリームをご紹介します!

岐阜の日本酒や三重のあの銘菓、ほうじ茶に桃など、各地の名産がぎゅっと詰まっていて、なかなか他では味わえないものばかり。

お出かけ前にチェックしてぜひ食べてきてください♪

1.上田酒店の「日本酒ソフト」【岐阜県郡上市】

主役は日本酒、カップ並々注ぎます。

日本酒はサーバーから直接注ぎこまれる

日本酒ソフト 350円

日本酒の量は「普通」「つゆだく」「ダバダバ」から選べる。杏仁豆腐の甘さと日本酒の香りは斬新な味。

相性good point!

本醸原酒「踊り免状」(アルコール21度!)を杏仁豆腐ソフトとかき混ぜて。

店先には冷えた夏野菜も売られています

郡上で一番の老舗の酒屋。日本酒「郡上踊」のラベルはココだけのオリジナルで、「郡上おどり」で踊り上手な人がもらえる免状をそのまま採用。7月9日からはじまる「郡上おどり」とセットで楽しんでみて。 上田酒店

TEL/0575-65-3345

住所/岐阜県郡上市八幡町本町846

営業時間/10時~19時(7・8月は9時~21時)

定休日/水(7・8月は無休)

アクセス/車:東海北陸道郡上八幡ICより5分

駐車場/2台

「上田酒店」の詳細はこちら

2.赤福本店の「赤福氷」【三重県伊勢市】

氷の中に餡と餅。夏の伊勢の味。

赤福氷 520円

1961年に二見浦の海水浴客に出したのがはじまり。抹茶蜜がたっぷりかけられています。

相性good point!

赤福餅ではなく、氷に馴染むように特製されたこし餡と餅が入っています。

本店ではつくりたての赤福餅が食べられます

番茶を淹れる湯は竃で沸かしています

伊勢神宮内宮前のおはらい町にある本店。赤福氷はその前の別店舗にて提供。店舗により販売期間が異なるが、本店は9月中旬頃まで。つくりたての赤福餅とともに、伊勢の味を堪能してください。 赤福本店

TEL/0596-22-7000

住所/三重県伊勢市宇治中之切町26

営業時間/5時~17時(赤福氷は9時~)

定休日/なし

アクセス/車:伊勢道伊勢西ICより10分

駐車場/なし

「赤福本店」の詳細はこちら

3.漬処 壽俵屋 犬山庵の「守口漬入りソフト」【愛知県犬山市】

味醂粕の香りがふんわり!?漬物入り城下町ソフト。


ソフトdeもりぐち 350円

守口漬をピューレ状にしてバニラソフトと混ぜ合わせた一品。味醂粕の香りと塩気がベストマッチ。

相性good point!

守口漬とは直径約2cm、長さ1m以上の細長い守口大根を味醂粕で漬けたご当地漬物。

守口漬・奈良漬のメーカーが経営する和スイーツショップ兼販売店。ソフトクリームは他に犬山のげんこつ飴を使った「ソフトdeげんこつ」も。また、守口漬の稲荷寿司「守うなり」など軽食もあります。 漬処 壽俵屋(じゅひょうや)犬山庵

TEL/0568-62-2244

住所/愛知県犬山市犬山西古券15

営業時間/10時~17時

定休日/なし

アクセス/車:名神小牧ICより25分

駐車場/5台

「漬処 壽俵屋 犬山庵」の詳細はこちら

4.お茶のあずま園の「ほうじ茶入りソフト」【石川県金沢市】

品のより芳しさ、加賀棒ほうじ茶。


加賀棒茶ソフト 260円

棒ほうじ茶のさわやかな香りと甘みを味わうためほのかなヨーグルトをブレンドして爽やかな味に。

相性good point!

煎茶の茎を自家焙煎工場で仕上げた加賀棒茶を自らパウダーに仕上げて使用しています。

煎茶の茎をほうじた「棒ほうじ茶」は石川県では一般的な飲み物で、さっぱりした甘みと芳しさが特徴。あずま園は独自のブレンドで自家焙煎。ソフトは4月~9月まで、手作りアイスは年中販売しています。 お茶のあずま園

TEL/076-258-4000

住所/石川県金沢市百坂町リ109

営業時間/9時~19時

定休日/日

アクセス/車:北陸道金沢森本IC、または金沢東ICより5分

駐車場/2台

「お茶のあずま園」の詳細はこちら

5.かじ橋食堂の「ももエキス入りソフト」【岐阜県高山市】

ジューシーな飛騨桃の香り。


ももソフト

見た目はミルク色だけど、一口食べると桃の香りと風味がふわーっと口いっぱいに広がります。

相性good point!

高山は久々野地区・国府地区を中心に桃の産地として有名です。

宮川朝市の通り沿いにある食堂で定食類が豊富。人気は飛騨牛丼(700円)で、朝市帰りの人には朝定食(600円)も。ソフトクリームは地酒(アルコール1%未満)、コーヒーと合わせて3種類揃っています。 かじ橋食堂

TEL/0577-33-0474

住所/岐阜県高山市下三之町1

営業時間/6時~17時(冬季~15時)

定休日/なし

アクセス/車:中部縦貫道高山ICより10分

駐車場/なし

「かじ橋食堂」の詳細はこちら

※この記事は2016年6月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

【夏のオススメ観光♪神戸編】 港町の異国情緒を謳歌する旅行!神戸へレッツゴー!
【夏のオススメ観光♪金沢編】 情緒を堪能する大人の旅!金沢へレッツゴー!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP