体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【夏のオススメ観光♪金沢編】 情緒を堪能する大人の旅!金沢へレッツゴー!

【夏のオススメ観光♪金沢編】 情緒を堪能する大人の旅!金沢へレッツゴー! 金沢

夏をエンジョイするには、やっぱり旅!!

魅力的な観光スポットで溢れる金沢は、眩しい夏をあなたらしく満喫できる場所かも!?

緑が多く風情を感じられる兼六園や、タイムスリップしたような町並みの茶屋街など、落ち着いた大人の過ごし方ができるはず♪

お友達、家族、恋人と…金沢で夏の思い出の1ページを!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

兼六園

兼六園

小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。延宝年間(1673年~1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。

兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

\口コミ ピックアップ/

言わずと知れた日本三名園の一つです。個人的には一番好きです。ここまで秩序正しく、美しく仕上げるのはやはり驚きます。当時の昔人の技術と創造力の高さは恐ろしい。日本庭園の真髄が間違いなくここで堪能できます。 兼六園

住所/石川県金沢市兼六町1-4

TEL/076-234-3800

「兼六園」の詳細はこちら

近江町市場

近江町市場

近江町市場は加賀百万石の台所。狭い地域に170あまりの店が立ち並んでいる。鮮魚,青果,精肉,かまぼこ,乾物,塩干,漬物,酒,駄菓子,惣菜,花,セトモノ,洋品雑貨…等々。おみやげに生ものを,という人には買ったものを氷詰めにしてくれる。

\口コミ ピックアップ/

魚介類の串焼きや、エビが入ったコロッケ、海鮮丼など、もう何食べても美味しかったです。海産物のおみやげも何でも揃っているのでココでまとめて買うのがベストかと思います。 近江町市場

住所/石川県金沢市上近江町50

TEL/076-231-1462

「近江町市場」の詳細はこちら

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館

平成16年10月開館。円いガラスに囲まれた明るい美術館。気軽に立ち寄れ、無料ゾーンにコミッションワークもあり、建物そのものも一見の価値あり。

\口コミ ピックアップ/

まず建物自体がアートな美術館。見る角度や天気、時間で変わる姿に何度でも訪れたくなります。展示も常設以外の企画も様々で飽きません。館内のショップでアートな文具やグッズを眺めたり、買ったり、カフェでゆっくり過ごすのもよいです。金土は遅くまでやってます。是非一度は行って見て下さい! 金沢21世紀美術館

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。