ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【赤坂見附】お肉もご飯も飲み物!?恐ろしいほど美味しい焼肉屋で幸せ気分に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

恐ろしい焼肉屋さんが赤坂にOPENしてましたよ。赤坂見附の駅からは徒歩1分くらい? 1階に磯丸水産の入っているビルの5階にある「ホルモン松田」です。

私たちはテーブル席だったけど、カウンター席もあるので、カップルで利用するときは並んで座れていいかも。この日はお肉は3,000円のおまかせコースでおねがいしちゃいました。食べたりなかったら追加と言うことで。お皿に乗っているお肉は4人前です。

とりあえずビール(580円)。瓶ビールもあります。

キムチ2種

ジャガイモのキムチって初めてです。

厚切り極上タン

「レモンの時代は終わった!」と柚子の入った塩ポン酢でいただきました。

ハツ

お刺身でも食べられる新鮮なハツ(心臓)

サッと、本当にサッと炙っただけでいただきます。サクサクとした特徴的な歯ごたえが堪りません!!

肉寿司

ひゃ~~~~~!! テンションのあがる一品が出てきましたよ~~!! 軽く炙った肩ロース肉を乗せたお寿司。シャリには自家製のガリが混ぜ込んであります。

シマチョウ

梅肉タレで。梅肉はいいですね~。さっぱり食べられます。

サーロインの松田焼き

素敵なお肉が運ばれてきましたよ。お店の人が両面を軽く炙り

とろろだれに入れてくれます。それをON THE RICE!! やばい!! 飲み物!! 肉もスルン。ご飯もスルン。スルン。スルン。スルン。あっちゅー間に完食!

もう1杯食べたい・・・・でも、ここはこの「もう少し食べたい」で止めておくのがベストだと思います。暫く余韻にひたれます。脳内でおいしさを反芻。脳が牛の胃袋状態。エア松田焼き! いやぁ~~極上な幸せを感じられる1杯でした。

飲み物は生マッコリ(1,200円)へ。

上ハラミ

なんと生姜醤油でいただくんです。お肉に生姜?! 驚いたけど、これは「あり」です!

王様カルビ

部位としては三角バラだそうで。お出汁とレモンを使った和風だれでいただきました。

コプチャン

脂うまぁ~~~。蕩ける~~~。

ミノとミノサンド

〆はやっぱりホルモンなのです。で、なんかとっても食べるメンバーで更に追加。

炙りユッケ

上に乗っているのは兵庫県産のこだわり卵「蘭王」です。〆は選びきれずに、肉屋のカレーと冷麺、1人前ずつオーダーしてシェアしてもらいました。

肉屋のカレー

牛スジ入りのカレー。口に運ぶと牛肉の甘さが広がるけど、最後はピリリとした辛さが口の中を〆ます。

冷麺

カレーもおいしいけど冷麺も特徴的です。スープがフレンチの手法を使っているのです。野菜とお肉を煮込んで、卵白でアクを取って、澄んだ極上のコンソメスープでいただく冷麺。これはこのお店じゃなければ食べられません。お腹に余裕があったら是非たべてもらいたい逸品です。

こちらのお店にはもう一つのウリが!! 店員さんが美男美女だらけなのです。特にオーナーさんは近々私が見に行こうと思っていた映画にも出演するとか!! お肉がさらにおいしく感じられます!

[寄稿者:さとちん]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/satochin/

■関連記事
この極上肉がこのお値段で!?焼肉激戦区赤坂に登場した穴場「ホルモン松田」

http://tabizine.jp/2016/07/20/88547/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP