ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AmazonとKickstarterが提携!消費者動向を分析し、新商品の開発に役立てる見込み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kickstarterは2009年の設立以来、私たちの生活に多くの驚きと喜びをもたらしてきた。アマゾンのおひざ元、アメリカではさらに大きな動きがある。

AmazonとKickstarterが!?

そう、EC界の巨人AmazonがKickstarterと公式に提携を結んだのだ。

このたびAmazon内のスタートアップ専門サイトLaunchpadで、さっそく300のプロジェクトが登場した。

「我々はAmazon Launchpadを通じて、これらのプロジェクトが見いだされ、体験され、そして愛されるための新たな道を作ることができてワクワクしているよ」KickstarterのCEO、Yancey Stricklerは語った。

「Kickstarterとの協働は、我々にとって、消費者が何を求めているのかをダイレクトに知ることができる最良の方法だ。彼らはそうしたプロダクトを生活に活用する強力なパワーを持っているからね」Amazonのヴァイス・プレジデント、Jim Adkinsは語っている。

次世代のクラウドファンディングに向けて

両社のコラボレーションは、Amazonにとって1年前に発足したLaunchpadプログラムの第2段階にあたる。

その目的は、ベンチャーキャピタリストと革新的なイノベータ―たちを結びつけるための、次なるレベルのクラウドファンディングの実現だった。

以来、Amazonは100以上の主だったベンチャー投資会社やクラウドファンディングのプラットフォームと協働し、1000以上のスタートアップを立ち上げた。1日あたり1億9千万人にのぼるAmazonのサイト訪問者が、その動きを後押ししたのは間違いない。

Adkinsは続ける「我々のゴールは、Amazonの数億の顧客にリーチすることで、自分たちのプロダクトを成功裏にマーケットへ送り込む、という全てのスタートアップが直面する最大の困難を克服することだ」と。

現時点では日本での具体的な取り組みは発表されていないものの、今後の展開が楽しみだ。

Amazon launches Kickstarter section

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP